スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフード資格

SHARE

スポーツフード資格人気ランキング

普段の食事はもちろんですが、スポーツをしているお子さんをお持ちの方は、栄養やカロリーで悩むことも多いようです。子供に最高のパフォーマンスができるように、母としてできることをしてあげたい!

そのためにはスポーツと食べ物の関係を知るのが一番です。でも何から始めたらよいのか迷ってしまう時には、資格取得を目指して一から学んでみませんか?資格取得後には、自分が教える側になって、他の悩めるママたちを助けてあげられます。ここではスポーツフードに関する資格をランキング形式で紹介します。

1位:スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターは、スポーツと食事の関係について十分な知識があり、必要に応じて適切な食を提供することができることを証明する資格です。スポーツをするために必要な体作りのために必要な栄養素について学びます。身体が作られるのには、年齢や性別も大きくかかわってきます。

このような相手の年齢や性別の違いを理解し、最適な栄養素を選択していきます。また、競技によって必要なエネルギーや筋力が異なります。競技に応じて、普段から楽しめるだけの体力、練習の成果を発揮できるような献立作りなど、内容は様々です。スポーツフードマイスターは、このように競技を理解し、最適な食べ物を、最適なタイミングで提案していきます。

2位:アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、スポーツ選手のパフォーマンス向上を図るための栄養素や食に対して適切なアドバイスをし、選手の活躍を後押しする資格です。栄養や、身体に与える影響などの専門的な知識を有していることを証明します。アスリートのための食のプロフェッショナルとして、材料の選び方から、調理法、献立の組み立て、食べるタイミングなどについて専門知識が必要になります。

また、成長期は体や食習慣が育つ大切なときです。栄養はもちろん、正しい食を身に付けてジュニア期を過ごすことで、将来アスリートとして活躍できるかどうかが決まります。このような大切なときの食事のアドバイスを行うのもアスリート栄養食インストラクターの役割となります。

3位:アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは、アスリートが最大限のパフォーマンスを発揮できるように、年齢や性別、食のタイミングなどから、最も良い食プログラムを提案することができることを証明する資格です。アスリートを支える立場の方はもちろん、自分自身がアスリートである人も、試合当日を最高のコンディションで迎えるための食を、自分で選択していけるようになります。

正しい食を身に付けると、長期的に身体が競技に合うように作られていくので、怪我をしにくくなり、パフォーマンスも向上します。怪我がないので、長く競技を楽しむことができます。アスリートのお子さんを持つお母さんは、子どもの成長に合わせた食事を提供することができます。この時期に良い食習慣が身に付くことで、子どもが自分で競技に合わせた食やタイミングを選んでいけるようになります。

4位:スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストは、食と栄養に関して、サプリメントやドーピングなども含めた専門知識を持つことを証明する資格です。アスリートにとって必要な食や栄養を学び、世代によって、必要な栄養素やカロリーが異なることを学びます。また、オフ期の過ごし方や準備期、試合期、回復期といった、食のタイミングの違いについても深い理解が必要です。

5位:スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーとは、身体と食の仕組みを理解し、試合で勝てる体やコンディションを作る専門家です。性別や年齢、競技内容に合わせて、アスリートに必要な身体をつくるためのアドバイスができることを証明する資格です。普段の練習の成果が発揮できるように、練習中にはタンパク質、試合前には消化の良い炭水化物、回復期には抗酸化作用の高い緑黄色野菜といったように、パフォーマンスを最大限に引き出す食を組み立てます。
スポーツフード資格 スポーツフード資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です