WEBサイト制作の花形!WEBデザイナーについて

shikakusyutoku

SHARE

WEBサイト制作の花形!WEBデザイナーについて

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、WEBサイトをデザインする職業です。WEBデザイナーはWEBサイトの中で最も目につく見た目の部分を担うことになります。またWEBサイトのデザインは見た目だけでなく、使いやすさにも影響してきます。そのため、WEBサイト制作のなかでも重要な職業といえます。

WEBデザイナー 難易度・就職・仕事の内容・年収など

WEBデザイナーに関連する主な資格に、ウェブデザイン技能検定があります。ウェブデザイン技能検定は、ウェブサイトをデザインするにあたり、国際標準規格に基づいたホームページの制作やシステム構築、セキュリティ対策などの知識や能力を認定するための資格です。Web関連の資格としては初めての国家資格です。

ウェブデザイン技能検定には1級から3級までがあり、1級は合格率約20%で難易度は比較的難しく、2級は合格率約50%で難易度は普通、3級は合格率約60%で難易度は比較的簡単となっています。

ウェブデザイン技能検定を取得しての就職はWEBサイト制作会社が主になりますが、WEB業界に就職する際には、有利に働く資格です。

仕事内容は主にWEBサイトのデザインに従事することになります。その場合の年収は約350万円ほどになります。デザイン以外もできる場合はもちろん年収もあがります。

WEBデザイナー 受験資格・試験内容・合格基準など

ウェブデザイン技能検定は1級から3級があり、それぞれ受験資格が異なります。

3級はWEBサイトの作成に関する業務に従事している人か、従事しようとしている人が受験できます。

2級の受験資格は、①3級に合格した人、②2年以上の実務経験がある人

③職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校を卒業した人か普通職業訓練を修了した人、④大学を卒業した人、⑤高度職業訓練を修了した人のいずれかを満たした人が受験できます。

1級の受験資格は、①2級の技能検定に合格した人で、その後2年以上の実務経験がある人、②7年以上の実務経験がある人、③職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校を卒業した人、普通職業訓練を修了後、5年以上の実務経験がある人、④大学卒業後、3年以上の実務経験がある人、⑤高度職業訓練修了後、1年以上の実務経験がある人となります。

試験内容は、学科試験と実技試験に分かれており、学科試験はウェブサイトの基本的な知識が問われる問題はもちろん、ユニバーサルデザインなど、デザインにおいて更に深い知識を問われる問題も問われます。

実技試験は、3級と2級では、ウェブサイトのデザインと運用管理のみですが、1級はウェブサイトの設計や計画などの問題も含まれます。

試験は100点満点で、合格規準は70点以上で合格となります。

WEBデザイナー 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール WEBデザイナー講座

デジハリ・オンラインスクールのWEBデザイナー講座は、動画中心の講座です。WEBサイトの基本的な知識も、WEBデザイナーには必須となるソフトの操作実習も動画を通して学ぶことができます。そのため非常に理解しやすくなっています。また、ライブ授業もあり、リアルタイムで講師に質問をすることもできます。

2位 ヒューマンアカデミー WEBクリエイター講座

ヒューマンアカデミーのWEBクリエイター講座は、DVDを利用しての学習が中心になります。実際の操作画面を使いながら説明されるため、初心者はもちろん、ある程度理解できている人まで幅広く学習することができます。

3位 ヒューマンアカデミー WEBベーシック講座

ヒューマンアカデミーのWEBベーシック講座は、Webデザイナーにとっての必須ソフトであるDreamweaverとFlashを学習することができます。5枚のDVDによる学習で、具体的に理解することができます。また副読本もあり、DVDと同時に学習することで、さらに理解を深めることができます。

4位 デジハリ・オンラインスクール カラー・レイアウト講座

デジハリ・オンラインスクールのカラー・レイアウト講座は、WEBデザインの基本である、デザインの理論的な考え方を、色や形などの視点から学ぶことができます。色使いなどを学ぶことで、よりよいWEBサイトを作成することができるようになります。

5位 ヒューマンアカデミー Adobe Dreamweaver講座

ヒューマンアカデミーのAdobe Dreamweaver講座は、WEBデザイナーの必須ソフトの一つであるDreamweaverを学習することができます。DVDによる学習で、基礎知識から実践的なテクニックまで幅広く学ぶことができます。動画での学習なので、効率的に理解することができます。

まとめ

WEBデザイナーは、WEBサイト作成において最も目立つ部分を作成することになります。さらに、デザインは使いやすさにもつながります。近年では誰にでも使いやすいデザインであるユニバーサルデザインを取り入れることも理想とされているため、様々な面でさらに深い知識を持っておく必要があると思います。

ウェブデザイン技能検定は3級から2級、1級と上がるにつれ、難易度も試験内容も難しくなり、設けられている受験資格も厳しくなります。そのため1級などは非常に取得しにくいものです。しかし取得しておけばWEB業界で非常に活躍することができる人材になれると思います。WEB業界での活躍を目指すなら、ウェブデザイン技能検定の取得はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です