WEBサイト制作の縁の下の力持ち!WEBプログラマーについて

shikakusyutoku

SHARE

WEBサイト制作の縁の下の力持ち!WEBプログラマーについて

WEBプログラマー

WEBプログラマーは、WEBサイトのプログラミングが業務の中心となります。インターネットが普及し、様々なWEBサイトが増え、企業の宣伝などでもWEBサイトが利用されるようになっています。そこで、WEBサイトのプログラミングを粉う人材も多く求められるようになってきました。

WEBプログラマー 難易度・就職・仕事の内容・年収など

WEBプログラマーは、プログラミング言語を使用してプログラミングを行っていくことになります。作成するサイトにより、使うプログラミング言語が異なるため、様々なプログラミング言語を習得しなければならない場合もあり、少し難易度が高いと言えます。

WEBプログラマーとしての就職先は、ほとんどの場合がWEBサイト制作会社になります。そこでの仕事内容としては、クライアントから依頼を受け、WEBサイト制作のためのプログラミングが中心になります。WEBサイトの目に見える部分に関わるわけではありませんが、プログラムによって使いやすさなども変わるため、非常に重要な仕事だと言えます。WEBプログラマーとして就職した場合の年収は、平均すると400万円ほどになりますが、多い人だと1000万円という人もいるようです。

WEBプログラマー 受験資格・試験内容・合格基準など

WEBプログラマーに関する資格には、PHP技術者認定試験があります。PHP技術者認定試験は初級と上級に分かれており、初級と上級ともに受験資格は設けられていませんので、誰でも受験することが可能です。

初級の試験内容はPHPの基本的な部分が出題されます。合格率は約70%ほどなので、比較的簡単に取得することが可能です。それに対し上級は、実践的で専門的な部分まで出題されます。上級の合格率は約10%ほどとなり、難易度は初級に比べると非常に高くなります。合格基準は、初級、上級ともに70%以上の得点で合格となります

また、基本情報技術者試験というものもあります。これはプログラミング言語に特化したものではなく、コンピューター全般の知識が問われます。試験内容が幅広いため学習に苦労しますが、多くの知識を得る事ができます。基本情報技術者試験は80問出題される午前問題と、長文形式で出題される午後問題に分かれます。合格基準は午前問題と午後問題ともに60点以上の得点することで合格となります。

WEBプログラマー 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール WEBプログラミング「お得パック」

デジハリ・オンラインスクールのWEBプログラミング「お得パック」は、デジハリ・オンラインスクールの「PHP講座」「JavaScript入門講座」「HTML5入門講座」がセットになった講座です。サイト制作に必要なプログラミング言語を同時に学ぶことができるため、効率的です。

2位 日本プログラミングスクール PHPマスターセット

日本プログラミングスクールのPHPマスターセットは、WEBサイト制作に特化したプログラミング言語であるPHPを学ぶことができます。自宅で自分のペースに合わせて学習できますが、疑問に感じた部分はいつでも質問できるため、不安なく学習を進められます。

3位 デジハリ・オンラインスクール Wordpress入門講座

デジハリ・オンラインスクールのWordpress入門講座は、簡単にWEBサイトを制作し、簡単の運用することができるWordpressについて学ぶことができます。WEBサイト制作が簡単とは言え、応用的な使い方もできるのが特徴ですが、そのような応用的な使い方までしっかりと学ぶことができます。

まとめ

インターネットが普及し、だれもが目にするようになったWEBサイト。WEBプログラマーは、そんなWEBサイトの制作に関わりますが、目立つ部分を担当するわけではありません。しかし、プログラムがしっかりとしていないと、うまく動きませんし、使いやすさも左右されます。まさにWEBサイト制作の縁の下の力持ちともいえるでしょう。そのため非常にやりがいある仕事だと思います。

また、WEBプログラマーにとって大切なプログラミング言語は習得に時間がかかり、苦労します。しかし、習得すれば様々なサイトを思いのままに作成することができ、非常に楽しいと思いますし、転職をする際にも非常に評価されます。

自分のスキルを証明するためにも、紹介したPHP技術者認定試験や基本情報技術者といった資格を取得しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です