Webサイト作成チームの監督!Webディレクターについて

shikakusyutoku

SHARE

Webサイト作成チームの監督!Webディレクターについて

 Webディレクター

WebディレクターはWebサイトを作成する際に、作成に必要となるWebデザイナーやWebプログラマーといった人たちをまとめ、作業の進行具合の管理なども行います。Webサイト作成チームの監督と言えます。

Webディレクターの難易度・就職・仕事の内容・年収など

Webディレクターの検定の難易度は、合格率が約30%であり、やや難しいといったところです。このWebディレクター検定を取得した後の就職先としては、主にWebサイト制作会社があげられます。Webサイト作成の際には、WebデザイナーやWebプログラマーなど様々な職業の人がチームで作業をすることになります。Webサイト制作会社でのWebディレクターの仕事内容としては、チームをまとめ、作業の進行具合の管理なども行います。また、できたWebサイトの品質の管理も行います。Webサイト作成のすべてにかかわる仕事であるため、非常にやりがいを感じる仕事です。Webディレクターの年収は平均で300万円から400万円ですが、近年普及しているWeb業界であるため、平均年収の上昇の兆しが見られています。

Webディレクターの受験資格・試験内容・合格基準など

Webディレクター検定の受験資格には、特に制限は設けられていません。そのため、誰でも受験することができます。試験はコンピューターに問題が映し出され、その問題を解答していく形式です。試験内容は、インターネットビジネスやプロジェクトマネジメント、Webサイトの企画、設計といった、Webディレクターにとっては必須の項目が問われます。この試験では65問の問題が出題され、合格基準は70%以上の正答率で合格となります。

Webディレクター 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール Webディレクター講座

デジハリ・オンラインスクールのWebディレクター講座では、約2か月でWebディレクターの基本的な知識はもちろん、Webディレクターに必要となる、関連する知識も学ぶことができます。

2位 デジハリ・オンラインスクール スマートフォンサイト構築講座

デジハリ・オンラインスクールのスマートフォンサイト構築講座では、Webサイトの中でも、スマートフォン用のサイトの構築について学ぶことができます。

3位 デジハリ・オンラインスクール Web担当者養成講座

デジハリ・オンラインスクールのWeb担当者養成講座では、Webサイトのマーケティングに関する知識のほかに、Webデザインの基本的な知識も学ぶことができます。

4位 BBT大学 ITソリューション学科

BBT大学 ITソリューション学科はオンラインで学習することができる大学です。BBT大学 ITソリューション学科では、ITビジネスの知識を実践的に学ぶことができ、組織の中でリーダーシップを発揮できるようになります。そして経営学士の取得も可能です。

5位 デジハリ・オンラインスクール Webデザイナー講座 フリーランス・パーフェクト講座

デジハリ・オンラインスクールのWebデザイナー講座フリーランス・パーフェクト講座では、Webデザイナーとしての知識を学ぶことができます。またフリーランスとして働く場合に必要なディレクターとしての知識も学ぶことができます。

まとめ

Webサイトやインターネットが普及している近年、どの企業もWebサイトを利用して宣伝活動を行います。そのため今後Webサイトの作成に関する人材は必ず必要になると思います。そしてWebディレクターという職業は、そんなWebサイトを作成するうえで非常に重要な役割であり、とてもやりがいのある仕事です。またWebサイトはずっと残っていくものです。そんな後に残っていくものを作る際の総合的な管理などを行う仕事であるため、責任は重大になるとは思いますが、それ以上に作成後は大きな達成感を感じることができることでしょう。

パソコンやコンピューターが好きな人をはじめ、自分のした仕事をずっと残したいという人にもおすすめの資格だといえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です