Flashクリエイター能力検定試験

shikakusyutoku

SHARE

Flashクリエイター能力検定試験

Flashとは、Adobe Systems社による、音声や動画・ベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせてうWebコンテンツを作成するソフトのことで、またそれによって作成されたコンテンツのことをいいます。アプリやゲーム、CMや広告で登場するので、見ない日は無いと言っても過言ではありません。そんなFlashを使いこなす技術を採点し、実力を明確にするのがFlashクリエイター能力検定試験です。Flashを用いたビジュアルコンテンツ作成技術の操作能力、知識。また、出されたテーマに沿ったツールの行使が可能かをテストします。Flashクリエイターの年収は400~600万円。派遣だと1500円~3000円。最近の求人だと、主にソーシャルアプリのFlashコンテンツ作成や、ブログサイトのアバターや仮想空間のアニメーション担当など、引く手数多の人気職です。Webコンテンツ企業への就職を希望している方はぜひチャレンジしてみましょう。


■試験概要■

上級・初級があり、資格不問です。職業訓練校での受験生も多く、合格率は累計70%です。随時受験可能で、全国都市に試験会場があります。受験料は上級が7300円初級6700円。

■出題内容■

Flash操作によるアートワークの作成・インタラクティブムービーの作成・オブジェクトの基本操作・シンボルとインスタンスの使用・アニメーションの作成・サウンドの追加・パブリッシュと書き出し・テキストの使用・レイヤーの使用ほか

■おすすめ テキストランキング■

1位・・・サーティファイ Flashクリエイター能力認定試験問題集

試験主催会社が出版する模擬問題集。

2位・・・ビー・エヌ・エヌ新社 FlashクリエイターのためのAIRプログラミング入門

WebでのFlash開発で培ったスキルをデスクトップアプリケーション作りに気軽に挑戦できます。これ1冊でAIRアプリケーションの作成方法やスマホ向けアプリ作成の入門も学ぶことが出来ます。

3位・・・アスキー 有名クリエイターがこっそり教えるFlash作成の裏ワザ

マニュアルやリファレンブックでは扱っていない「活きたテクニック」がテーマ。26人のクリエイターが実際の作品を題材に分りやすくレクチャー。


まとめ

とてもカンタンなように見えて制作には時間のかかるFlash。人気の理由はスマートフォンアプリの普及でしょう。すでにコミュニケーションツールとして手放せないゲームアプリ。その制作の中でFlashクリエイターの存在は欠かせません。この検定資格だけでは就職は困難ですのでPhotoShopクリエイター能力検定試験、Webクリエイター能力検定試験を合わせて受検し、就職や転職に役立てて欲しいと思います。派遣で働いていて、副収入が欲しいと言う方もFlashクリエイター能力検定試験は有効です。クラウドソーシングでお小遣い稼ぎを・・・と思ったら、プロフィールにこの資格の取得履歴を記載しておけば、依頼が舞い込んできますし、またWebデザイナー関連資格を用いて就職している方も、Flashクリエイター能力検定での実績があれば、仕事の幅が広がることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です