Web検定

shikakusyutoku

Webに関わるすべての人を対象とした、Webの知識・技術・言語等のWeb上で仕事をするうえでのリテラシーをはかる資格です。こちらは一般的な「Webに興味のある」「Webの知識を趣味で活用している程度」という方に向けての資格ではなく、今実際に仕事として活用している方が受験する構成の試験です。一言に「Web検定」といっても出題範囲が広く、4つの認定資格から構成されており、民間資格とは言えど各専門知識を要します。職業としてはWebデザイナー・マークアップエンジニア・エディター・Webクリエイター等幅広く、開発にも携わることが出来ます。年収は、経験によって異なりますが約300~600万円。Webプロデューサーともなれば、その上を目指すことが出来ます。


■試験概要■

受験資格はありません。試験の難易度は4つの科目それぞれで違いWebリテラシーが43%。Webデザインが48%。Webディレクションが59%。Webプロデュースが10%ですWebプロデュース以外は、さほど難しくなく、仕事をしながらでも学習できます。試験は随時。Webリテラシー・Webデザイン・Webディレクション・Webプロデュースと受験料はすべて17280円です。

■おススメ テキストランキング■

1位・・・ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック1 Webリテラシー第2版

Webに関わるすべての方々の標準知識がレクチャーされています。インターネットビジネス・プロデュースの知識やWebプログラマーやWebデザイナー、Webクリエイターに必要な知識が盛り込まれており、Web業界を分りやすく開設しています。1~6章まであり5章では制作の項目もあり、Webデザイン理論に基づいたページ実装の基本がおさえられます。

2位・・・Web検定 公式問題集PDFダウンロード版 Webリテラシー問題集

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック1 Webリテラシー第2版の構成に準じた練習問題・POINTを収録しています。本番試験の難易度をそのままに構成した模擬問題と、その回答。解説を分りやすく掲載しています。受験対策教材としては最適で、広範囲では有るものの、試験問題の内容理解のサポート力に長けた問題集です。

3位・・・Web検定 WebリテラシーEラーニング問題集

パソコン・スマートフォンでも利用できるEラーニング問題集。ダウンロード版同様標準ガイドブック1 Webリテラシー第2版に準じた教材になります。問題を解いていくと正答率と同時に自分の苦手分野のランキングを出してくれるなど、学習をサポートしてくれます。空いた時間でいつでも学習ができるので、働く方にも安心です。


まとめ

広告・サービス・モバイル・ゲーム・映像・音楽・・・などなど、様々な業界で多方面に活躍するWebクリエイターやプロデューサー。経験を積み、数々のプロジェクトをこなしていくことでキャリアアップし、努力次第で昇給も間違い有りません。Webコンテンツ作成等の求人も多いですが、この資格1つで就職・転職は、ある程度の実務経験が無いと難しいので、Webデザイン・Webプログラムの資格も持っていたほうが有利です。資格取得も、もちろんキャリアアップには欠かせない要素。いくら経験が豊富でトラブル対応が的確でも、それを転職や就職で裏づけするのは難しいことです。ぜひ資格取得で自身の技術を明確化し、周囲に認めてもらえる経歴をつくり、実りある就職を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です