食育資格人気ランキング

食育

食育資格人気ランキング

「食育」とは食に関する知識を学び、どのような食を選択し判断することが必要です。そして健全な食生活を提案し、実践することが「食育」と呼ばれています。最近では、食事を見直し自分の健康・家族の健康を守ろうという方が増えてきています。そのため食育資格を勉強し取得する方が多いのです。家庭で活用できる程の知識か、講師になりスクールを開催できる程の知識が欲しいのか・・。一つ一つの資格のポイントを理解し、自分に合った食育資格を選択していきましょう。

1位 食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーは、「JSFCA(日本安全食料料理協会)」が管理するものです。食事のマナーや伝統などの食事の基本。さらに外国の食育についても学びます。生活習慣病などの病気と食事の関わりを詳しく、そして正しい知識を得ることができます。資格取得後は、スクールで講師として講演ができたり、自宅でスクールを開催することもできます。食材だけの知識ではなく、食事全般について教育・アドバイスすることができるようになるのです。そして、スーパーや病院などでも、食育健康アドバイザーは必要とされることが多いです。この資格をもっていると、仕事の幅が広がりやりがいが出てきます。

資格を取得するためには、試験で70%以上の得点率を取ることが必須になります。受験するための条件はないため、独学でも試験を受けることができます。試験問題は家に試験問題が送られ受けることができます。

2位 管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、「JIA(日本インストラクター協会)」が管理するものです。身体を健康に維持するためのビタミンなどの栄養素の知識や、食材に含まれている栄養素について学ぶことができます。さらには食品表示の正しい見方も勉強するため、普段の生活でも役に立つ資格です。さまざまな食品に関して理解することが必要になってきます。資格取得後は、普段の生活に生かすことができるのはもちろんですが、自宅やスクールで講師として活躍することができます。健康な身体を作るための食事や、食品を提案しアドバイスすることができるのです。

資格を取得するためには、試験で70%以上の合格評価がもらえなければいけません。インターネットから申し込み、自宅で試験問題を解くことができます。

3位 食育インストラクター

食育インストラクターは、「NPO日本食育インストラクター協会」が管理するものです。食育を基礎から知り、マナーや伝統も学ぶことができます。さらには日本の食生活の実態や、食事で起きている問題についてなどの理解も必要です。食育インストラクターは、5段階に分けられています。

「プライマリー」食事の基礎を学び、食事の問題について考え普段の生活の生かすことができる。

「4級」食事・家庭での料理についての基礎を学び、普段の生活に生かすことができる。

「3級」健康と食事が深く関わっていること「食育」の重要性について理解し、料理を実践し生活や周囲の人に教えることができる。

「2級」食育についてさらに詳しく具体的な知識を得て、その知識を分かりやすく伝えることができる。

「1級」料理や健康・衛生面など食育について全般的に理解することができ、さまざまな場所で食育についての普及活動ができる。

この5段階に分かれています。上の級にいけばいくほど、得られる知識は増え仕事で活用することができます。自宅やスクールでの講師はもちろん、さまざまな場所で活躍することができます。

資格の取得方法は、各級により違ってきます。「プライマリー」は協会が認める通信教育講座を修了することで資格が取得できます。そのほかの級は、「推進校へ進学」または「講習会へ参加」など深く勉強する場に実際に行くことになります。1級に関しては2級を取得した後に、1年間食育活動をしている経験がなければ受けることができません。研修会の参加も必須となります。

4位 食育アドバイザー

食育アドバイザーは、「日本能力開発推進協会」が管理するものです。食育の基本、さまざまな栄養素や食品の安全性などについて学ぶことができます。そして食育活動についても詳しく理解することができます。食育アドバイザーを取得すると、普段の生活で料理の向上や食育活動はもちろん。飲食店や医療でお仕事をしている方のスキルアップにもつながります。仕事にもやりがいが出てきて、社会的経済的の地位向上を期待できます。

資格の取得方法は、協会が指定した教育機関が行っている訓練に従いカリキュラムを修了した人のみが試験を受けることができます。試験を申し込むと自宅で試験を受けることができます。70%以上の得点率が必須です。

5位 食育メニュープランナー

食育メニュープランナーは「NPO法人 みんなの食育」が管理するものです。私たちが毎日口にしている食事と、健康について詳しく学ぶことができ健康的な献立を組むことができるようになります。年齢や状況に応じてさまざまな人へ食育メニューを提案することができ、さまざまな場所で活用できるようになります。さらには、地域別の食文化や食の楽しみについても理解が必要になります。
資格取得後は、飲食店や保育園でのメニューを開発・提案したり食品の開発にも関わることができます。もちろん、普段の家庭での食事に活かすこともできます。
資格の取得方法は、「食育メニュープランナー」の通信講座を修了することが必要です。その中でレポートの提出などがあります。特別な試験はありません。しっかりと勉強すれば取得できる資格です。
食育  食育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です