食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育

SHARE

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

最近では教育現場などでも“食”への意識が高くなり、食育について子どもと一緒に考えたり、家庭での食を見直したりする機会が増えてきたように感じます。

その指導者として、食育健康アドバイザーが活躍できる場面が増えてきました。

資格取得後に活躍できる場面が増えたことで、実際に役に立つ資格して人気なようです。

そんな食育健康アドバイザーについて、認定試験の口コミ評価と一緒にご紹介したいと思います。

≪食育健康アドバイザー認定試験とは?≫

JSFCA日本安全食料料理協会が行っている、食育の基本的な知識やそれらを活用して人に教える能力があるかどうかを認定する試験になります。

栄養学もしっかりと知識として得る事ができますので、人に教えるという目的だけでなく、家族の健康を考えた食を学ぶことができるので、【実生活で役立てやすい資格】ということで、とても人気があります。

他にも、食育と生活習慣病との関連性や諸外国の食育などを教える事ができるので、正しい知識を身に付け、食と健康をしっかりと学ぶことができます。

食育健康アドバイザーの認定試験に合格すると、講師として自宅やカルチャースクールなどで活躍する事ができます。

 ≪食育健康アドバイザーの口コミ評判≫

実際に食育健康アドバイザーの資格を取得した型の口コミ評判を見てみましょう。

・独学で勉強しやすい

・仕事に活かしやすい

・普段の食事にも活かす事ができた

・家族や身近な人にアドバイスする事ができた

・自宅で講師ができるので、自分のペースで働く事ができる

・健康に気遣うようになった

身近で役立つ資格ということから、多くの方が魅力を感じているようですね。

私たちの身体を作る食ですので、やはり意識をしている方は多く、食育健康の知識とその考え方を学ぶことができるという点が評価されているようです。

 ≪食育健康アドバイザーの仕事≫

多くの仕事に対応する事ができる資格ですので、調理関係はもちろんですが、教育現場でも講師としてアドバイスする事ができます。

食育への意識が高まる中で、その知識が無い方が多いのが現実です。

そのような場所で、講師としてアドバイスすることで、子ども達の健やかな健康を手助けする事ができますね。

他にもカルチャースクールや、調理学校、料理教室で「食と健康」をテーマに講師をすることもできます。

オリジナルの食育を提案できるようになることで活躍の場が広がっていくので、取得後も変化を楽しむ事ができるお仕事ではないでしょうか。

資格があるからこそ、食育健康アドバイザーとして幅広く活躍する事ができるという点でも、取得して損はない資格だと思います。

 ≪健康アドバイザー認定試験日程と費用≫

JSFCA日本安全食料料理協会主催の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、忙しい方も安心して受ける事ができるのも嬉しいですね。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「食育の基本」や「食と健康」について、しっかりと押さえておくとよいでしょう。

≪まとめ≫

私たちが生きていくうえで、食と健康は切っても切れない関係です。

健康な生活を送るためには、身体の基本となる食事をいかに大切にしていくかを学ぶ必要があります。

もちろん独学でも食事を考える事ができますが、食育健康アドバイザーとして正しい知識を学ぶことで、専門的な観点から食事を見直す事ができるようになります。

また、核家族で共働きの忙しい家庭が増える中で、朝食の時間が摂れなかったり、孤食になってしまったりと、食の大切さが薄くなってきてしまっています。

そこで、食の大切さを再確認・アドバイスできるように、食育健康アドバイザーの資格を取得しておくことで、様々な場所で活きた資格・知識として活躍する事ができるのではないでしょうか。

食育と健康の正しい知識を、教育の現場や家庭に広めていただきたいと思います。
食育  食育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です