食用油アドバイザー口コミ評判

食用オイル

SHARE

食用油アドバイザー口コミ評判

ダイエットは年齢問わず、男女共通の問題ですね。
現在では世界的にも肥満の人が増加していく状況の中、こういった問題は非常に身近です。
脂肪とは油ですので、やはり油に関する知識を・・・と思いはしますが、なかなか詳しい知識は手に入らないもので、自分から率先して調べる人もそうそう居ないという事実がありますね。

そういった所に需要を見出している企業が国内でも世界でも増えてきています。
そこで力になってくれるのが食用油アドバイザーの資格になります。

では食用油とは?といった所からお話ししていきたいと思います。

食用油ってなんだろう?

そもそも油の定義とは、動物や植物、鉱物からとれる物質のことを言います。
基本的には可燃性であり、水と一緒にすると分離するのが特徴ですね。
ここまでは皆さんもご存知の通りの認識かと思います。

・では人間が摂取した際にはどのような効果をもつのか。

一般的な食用油とは液体化した脂肪そのものを指します。
つまり食用油という名前なだけであって、ダイエットの敵そのものなのです。
適切な量の摂取なら問題はありませんが、現代社会の食事には誘惑も多いのが現状です・・・。
どうしても過剰が過多になってしまいがちで、何より油を多く使った料理は美味しいものが多い!

そして脂肪という成分は人間が活動するために必須のエネルギー源です。
それだけではなく、皮膚を薄く覆っているのもこの脂肪です。皮膚の潤いを保つ役目ですね。

・ではどれだけの量を摂取するのが基準としてあるのか?

気になる所ですが、知ってしまうと悲しい思いをしてしまう方もいるかもしれません。
特に溜めもせずに言ってしまいますが、「おおよそ55g」と言われています。
ピンと来ない方が大半だと思いますので、分かりやすく食事で例を出してみましょう。

レストラン等のハンバーグステーキ。美味しいですよね。ですがなんと28g・・・。
次に海老の天ぷら。こちらは2.87gと控えめですが、一尾あたりの数値となっています。
ちなみに白米は100gあたり0.9gですので、一合で約150gですので、こちらは心配なさそう。
そして食卓のヒーローの唐揚げですが、なんと3個で24.48gと衝撃的な結果に。

唐揚げは簡単に5~6個は口に運んでしまう料理ですが、そこまで行くと50g近い脂質に。
そうなってしまうと残る2職で摂取できる脂質は5g強とかなり厳しい状態になってしまいます。

このように油の摂取量というものは、人の嗜好と照らし合わせるとかなり管理が難しいのです。

食用油アドバイザー

さて、油・脂質の管理は非常に難しいということが理解して頂けたかと思います。
こういった油の悩みに強いのが食用油アドバイザーということになります。

食生活を見直すうえで油の存在は避けて通ることはできず、様々なダイエットで立ち塞がる
難敵とも言えるのが脂質です。そして人はこういった油物の誘惑にひどく弱いのです。

こういった所で成分や使用量、適切な油の使い方の知識を持った人材は重宝されます。
食品関係業界ではこのような資格に対して手当を支給している企業も存在していますね。
実際に取得された方の口コミや評判でも、それ目当ての取得をされた方もいるようです。

さて、少しショッキングな話題も含みましたが、脂質について少しでも知識が備わればと思います。
家族や大切な人の健康管理の為にも、食用油アドバイザーの資格はオススメです。
食用オイル  食用オイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です