難関資格・公認会計士資格取得を目指す通信講座

shikakusyutoku

SHARE

難関資格・公認会計士資格取得を目指す通信講座

公認会計士とは

会計に関わる最高の資格が公認会計士です。非常に難関の国家資格で、一番主な仕事である財務諸表監査は公認会計士の独占業務でありこの資格がなければ行う事ができません。

財務諸表監査は、企業が作成した財務に関する書類が適正であるかどうかを判断する仕事で、第三者として監査を行い、企業の「社会的信用」を支える非常に重要な仕事です。

また、企業のサポートとして会計や財務、経営全般にわたって助言や指導を行う「コンサルティング業務」を行う事もあります。さらに、税理士や行政書士の仕事も行う事ができる資格です。

公認会計士の就職

online-marketing-1246457_640

公認会計士は会計のプロなので様々な活躍な場がありますが、多くの公認会計士の方がまずは監査法人で働いているといいます。企業が法律にのっとって経営を行っているかを厳しくチェックする特殊法人です。

それ以外では、一般企業、ペンチャー起業などに会計士として就職し、会計の専門知識を活かして経営戦略やコストの削減等について助言を行うコンサルタントとしての仕事を行う場合や、個人の会計事務所に就職して取引先の企業のコンサルティングを行う場合などがあります。

もちろん独立開業の道もありますが、仕事内容が多岐に渡るため、まずは様々な経験を積む事が必要とされます。

受験資格・試験内容・合格基準

公認会計士は非常に難関です。受験資格の制限はないものの、公認会計士試験の一次・二次試験に合格して実務を行った後に三次試験を受験、それに合格して初めて公認会計士資格取得となります。筆記試験合格までに大体2~3年はかかるといわれており、勉強を始めてから資格を取るまでに早くても5年程度はかかってしまうので、じっくり計画を立てて取り組む事が大切です。

簿記取得を目指すための通信講座ランキング

1位 資格の大原

2位 TAC

3位 クレアール

1位 資格の大原

一発合格を目指して18ヶ月、集中して取りくむコースです。法律に関する講座を多く開講しているスクールなので、過去問を分析しつくしています。現状の知識(簿記の知識など)に応じてカリキュラムを決めるので、全くの初学者からでもチャレンジ可能です。

2位 TAC

14ヶ月から24ヶ月まで、様々な長さのコースがあるので、学生の方や社会人の方など生活スタイルに合わせてコースを選ぶ事が出来ます。試験で頻出のポイントを押さえ、直前のテストや実力テストなど、テスト問題を解く訓練が充実しています。こちらも初学者からのスタート可能です。

3位 クレアール

26ヶ月でじっくり勉強する忙しい方向けのコースで、webを活用した講義スタイルにより価格を抑えているのが特徴です。尚、Windows・Mac両方に対応しており、環境に左右されずに同じ講義を受ける事が出来ます。かかる時間は長めですが音声ファイルなどで隙間時間を有効活用できます。

まとめ

公認会計士は独占業務であり、企業の財務をチェックする立場として非常に大きな役割を持ちます。経営戦略から企業のコンサルティングまで、幅広く作戦を立てて企業を動かす事になるので、かなりやりがいのある仕事につくことができるでしょう。

ただ、公認会計士といえば司法試験に次ぐとも言われる難関資格です。当然簡単に取ることは難しく、通信講座で勉強するとしてもそれなりの費用と時間がかかるので、早めに自分の学習スタイルに合うスクールを決めて長期戦で取り組む覚悟が必要といえます。ただ、その分やはりこの資格を持っていると就職には強くなります。独立開業の道もあるので、数字に自信のある方であればチャレンジする価値はありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です