論理的思考インストラクター口コミ評判

ロジカル

SHARE

論理的思考インストラクター口コミ評判

自己啓発への関心が高まっている現代、様々な面から自分の能力を向上させる手法があります。
それが仕事の為であったり、日々の生活を充実させるためであったりと理由と様々ですが、
一番根底にあるものといえば「考え方」や「思考」といった界層だと思います。

考え方、と言ってもピンと来る人はあまりいないかもしれませんが、例えば迷信の一つでも
血液型ごとに考え方に違いや特徴があるという事は一般にも広く認知されている事実です。
また、男女が違うだけでも思考に違いは生まれますし、無意識で感じている世界ですね。

さて、今回は論理的思考に関してお話しするとともに、日本インストラクター協会が主催している
論理的思考インストラクターの資格についてもお話ししていきたいと思います。

論理的思考とは

人の思考方法にはいくつか種類がありますが、その中でも実生活に役立つ思考が論理的思考です。
簡単に説明しますと、一本筋の通った話・説明をするための考えと思って頂いて大丈夫です。
男女の考え方の違いとして有名なジョークがありますが、そちらを引用して見てみましょう。

女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『…ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
女『何で?』
男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
女『何の?』
男『え?』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『いや別に怒ってはないけど?』
女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
男『だから怒ってないです』
女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
女『何が大丈夫なの?』
男『バッテリーの話だったよね?』
女『車でしょ?』
男『ああそう車の話だった』

出典元:ニュースちゃんねる

男性は修理の為に原因を追求した上で必要な事を模索している形ですね。
一方で女性は車が使えない事で困る、といった事をしきりに伝えています。
話の結末は分かりませんが、これだけ話していて原因が判明していない状態ですね。

これは男性が論理的思考で話している事がわかり、対する女性は感情的な思考になっています。
極端な話の流れかもしれませんが、こういった例は非常に分かりやすいですね。

会社で仕事の場においてもこういった事は大小問わず起こりうる事態です。
問題に対して原因を調査し、原因を特定して原因への対策を取り、解決する。
こういった思考の流れは、人が生活していく中で常に直面していますよね。

自然と論理的な考え方ができる人もいますが、そうでない人も多いのが事実です。
極めて実生活に有用で密接な考え方が論理的思考とも言えるので、こういった思考を習得したい
と考えている人は非常に多いなか、どう考え方を変えればいいのか分からないといった人が大半
である事も、口コミの調査で多く見ることができました。

このような需要に対して、企業側が採用する人材育成の為の人員に求められているものの一つが
論理的思考インストラクターの資格といっても過言ではないでしょう。

論理的思考インストラクター認定試験

資格を取得する事で講師としての活動権を得られるので、需要に直結した資格です。
問題解決に導く考え方のほか、問題の本質を理解するといった点からも有用な思考術です。
自分が申し込んだタイミングに合わせて自宅での受験も可能ですので、学習も自分のペースで
じっくりできる点が大きなメリットとして口コミでも評判になっています。
主催している日本インストラクター協会ではこの他にも有用な資格を取り扱っています。

さて、生きていく中でもトップクラスに役立つ論理的思考をご紹介しました。
興味がわいた方は調べてみてくださいね。
ロジカルシンキングロジカルシンキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です