西洋占星術資格人気ランキング

西洋占星術
 通信教育の諒設計アーキテクトラーニング  通信教育のSARAスクール

占いには様々なジャンルがあります。西洋占星術を始め、タロットや霊感占い、手相など、占い師は自分の得意なジャンルで相談者の運勢を占い、適切なアドバイスを行います。占いの中で一番有名なジャンルは西洋占星術、つまり星占いで、その始まりは紀元前にまでさかのぼると言われます。

星占いというと、テレビや雑誌で見かけるようなものを連想する人が多いでしょうが、本格的に西洋占星術を学ぶと、星の位置を読みその人の運命や起こる事を読むことができるなど、詳しく運勢を占うこともできます。

また西洋占星術は科学に基づいたジャンルである事から(現在では「疑似科学」という分類になっているそうです)、第六感のような特別な力を持たずとも学習によって習得が可能となる分野です。

そのため、将来は占い師で生活をしていきたいと考える人や、自分の運勢を知りたいと考える人まで多くの人が西洋占星術を通信教育などで学習しています。今回は西洋占星術の人気資格をランキングで紹介します。

1位 西洋占星術アドバイザー

主催団体;日本アロマメディカル心理セラピー協会

西洋占星術アドバイザー認定試験

古代から人々に親しまれ、今もなお利用されている西洋占星術。自分の運勢だけでなく、運命や本質を探る事にも役立つと言われます。人間関係や恋愛で悩みを抱えた時に、自分の進むべき方角も星が示して問題解決へと導くそうです。

2位 ホロスコープインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/horoscope/

占い師が実際に占いを行っているところを見たことがある人はあまり多くないかもしれません。西洋占星術を行う際、占い師はホロスコープと呼ばれる図を作成し、天体の配置図をもとに10個の惑星が相談者の生まれた日、どこに位置していたのかを示す事で占いをするそうです。

ホロスコープインストラクターは、ホロスコープの作成から分析を行う事ができるという証明でもあります。

3位 ホロスコープリーディングマスター

主催団体:日本能力開発推進協会

ホロスコープリーディングマスター

こちらの資格は、試験を受験するためには同団体が指定する通信教育のカリキュラムを修了した人に受験資格が与えられます。西洋占星術は勉強する事がたくさんあるので、独学では限界を感じることが多いかもしれません。通信教育などを活用して学習を進め資格を取得した方が、より効率よく知識を習得できる近道とも言えます。

4位 タロット リーディング マスター

主催団体:日本能力開発推進協会

タロットリーディングマスター

西洋占星術とは違いますが、タロット占いを得意としている占い師は多いそうです。相談者が選んだカードによって、カードに込められた意味を読み取る占いですが、こちらの資格も指定の通信教育での履修を修了した人に受験資格が与えられます。試験は在宅で行いますので、忙しい人にも安心して受験をすることができます。

5位 日本手相能力検定

主催団体:日本手相能力検定協会

https://www.kentei-uketsuke.com/sys/tesou/introduction/

手相能力検定は4〜1級まであり、4級は入門レベルでほとんど問題集から出題され、1級は上級レベルでかなり難易度も高くなっています。4.3級は合格率90%とも言われますので、受験をするなら2級から受験すると良いかもしれません。

まとめ

西洋占星術に関する人気資格ランキングを紹介しました。占いの世界は奥が深く、かなり勉強をすることも多いのですが、自分の運勢を知りたいという人や、占いを仕事にしたいと考えている人はぜひ資格試験に挑戦してみましょう!
西洋占星術ホロスコープ  西洋占星術ホロスコープ

 

関連記事

  1. shikakusyutoku
  2. shikakusyutoku
  3. shikakusyutoku
  4. POP
  5. diy

資格 おすすめ

PAGE TOP