筋トレ資格人気ランキング

みなさんは普段からどの程度の“筋トレ”をしていますか。家でもどこでも手軽にできるので、ダイエットや運動不足の方が、とりあえず「やってみよう」、「始めてみよう」と思うのは、“筋トレ”であるといえるのでは。

また、お笑い芸人の庄司智春さんに代表されるように芸能人をはじめとして、一般の方でもボディービルまではいかずとも本格的に“筋トレ”に取り組んでいる方がかなり増えてきましたよね。最近、その“筋トレ”熱をより加熱させたのはライザップ。みなさんも一度はあのコマーシャルをみたことがあるのではないですか。鍛えて、引き締まった身体が美しいというイメージがしっかり植えつけられましたよね。特に若者だけでなく、これまで体を鍛えることにはあまり興味がなかったようなお父さん・おじさん世代にも”筋トレ”の良さや文化が浸透していくきっかけになったのではないでしょうか。

身近で、今アツイ“筋トレ”ですが、実はやり方を間違えしまうと腰痛に苦しむことになってしまったり、効果が得られずただ疲労がたまっていくだけになってしまう危険性もあるんです。そういった間違った鍛え方をすることないように、またジムなどのお仕事ではよりスキルアップに役立てるように出来た“筋トレ資格”。ただ痩せることが目的ではなく、健康面や美容面などといった様々な分野の知識を身につけることができる、そんな“筋トレ資格”を今回は1位~3位のランキング形式でがっちり紹介していきますね。気になる資格があれば、この機会にぜひチャレンジしてみては。

1位 筋トレインストラクター

「筋トレに関する基本的な知識を有していることを認定される」資格。筋肉を鍛えるのに必要な道具や実践的なトレーンングの方法について、手順・ポイントを理解して効率的なトレーニングの知識があることも証明できる。鍛えることができる筋肉、ダイエット面での効果、実際にメニューを組む時のポイント、基礎と応用などを混ぜて効率的にトレーニングを行う方法を理解し、実践へ移すことが出来ることも証明できるので、資格取得後は筋トレインストラクターを名乗ることができるので、ジムでも活躍が期待できます。

受験費用は10,000円で、インターネットからの申し込み、在宅での受験ができるので、誰にでも気軽に受けることが可能。受験地へ、交通費をかけて出かけていく必要もないので、”筋トレ”初心者でも挑戦できちゃいますね。

2位   トレーニングサポーター

「トレーニングサポーターとして、それぞれの筋力トレーニングの基礎知識があることを認定される」資格。

トレーニングの道具の使い方、トレーニングに適した食品やトレーニング前後の食事、プロテインの選び方、トレーニングに適したストレッチについてその方法と食事についての知識があることの証明になります。例として、”筋トレ”単体ではなく、一緒に合わせて行うことでダイエットにより効果的な有酸素運動や、行うタイミングによって効果が異なってくるストレッチの種類についても知識をもっていると証明されます。

こちらも受験費用は10,000円、2ヶ月に1度受験の機会があるので、お仕事でお忙しい方にも受験が可能。

3位   ダイエット検定

「敢えて“ダイエット”という単語を冠につけ、その広義の傘の下において、健康と美に関する正しい知恵と知識を身に付けて発信していくことを目的とした」資格。

2級生活アドバイザー、1級プロフェッショナルアドバイザーの2段階で資格を取得することができるので、段階的に難易度をあげて、知識を深めていきたい方にオススメ。1級資格では職業カウンセリングを行うことができ、2級を持っていると家族や友人に健康管理アドバイスをすることが。道端アンジェリカさんなどの芸能人にも資格取得者が多いのも特徴。

検定費用は6000円~。2級を受けてから、1級をという方だけでなく、併願でどちらも受けてしまう方も。

4位   ダイエットアドバイザー

「健康的にダイエットを行うためのバランスの良い食事・運動・意識療法などの体質改善を推進していため」の資格。

6単元(6時間)で無理なく医療機関の検診、指導ノウハウから構築された正しいダイエットに関する実践学を学ぶことが出来ますので、ダイエットをメインに筋トレをしていきたい方の基礎としておすすめ。

5位   インナービューティダイエットアドバイザー

「インナービューティ(身体の中からの健康・美容)の基礎を学び、自分自身の体・心を見つけてダイエットに生かしていくことができる方に認められる」資格。

通学・通信とコースが選べ、通学の場合は座学と実習を丸1日かけて学び、最後に試験を受けます。受講・受験費は50,000円と少し高く感じるかもしれませんが、学んだ知識をその場で実践できるのでしっかりと身に着けたい方にはいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です