福祉資格人気ランキング

福祉資格

高齢化社会が進み、介護関係の需要が叫ばれるので、「福祉=介護」といったイメージを持つ人もいるかもしれません。福祉というのは「人がより良く生きること」といった意味があり、非常に曖昧で抽象的な言葉でもあります。

では福祉関係の仕事というと、まず介護が挙げられますね。年齢で以前より体が思うように動かせなくなってしまった年配者のために、その生活をサポートする仕事です。また一人親家庭で生活が困窮している、といった家庭をサポートしたり、病気や障害がある人を支援する施設も福祉と言えます。

以前は福祉関係の仕事は大学を出ないと資格が取れず、仕事に活かせないと考えられていましたが、近年は認定資格でも福祉関係の仕事に従事する人が多くなり、通信教育で勉強をして転職や就職活動に活かすという人も増えてきました。今回は福祉関係の人気資格をランキングで紹介します。

1位 福祉心理カウンセラー

主催団体:日本アロマメディカル心理セラピー協会

福祉資格の福祉心理カウンセラー

心理学の基礎を学習し、ストレスが原因によって起こる症状と福祉の知識もあると認定された人に与えられる資格です。資格取得後は病院や介護施設など、多くの現場で重宝される資格が取得できます。

2位 福祉心理アドバイザー

主催団体:日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/fukushishinri/

日本インストラクター協会が認定する福祉心理アドバイザーは、福祉に関する基本や心理に関する知識の他に、その知識を教える能力を問われます。資格取得後は講師活動もできるので、活動の幅も広がる資格です。

3位 介護福祉士

主催団体:社会福祉振興・試験センター

http://www.sssc.or.jp/kaigo/

言わずと知られた福祉系三大国家資格のひとつである介護福祉士。受験するためには福祉系の大学を卒業するか、実務経験を積んで受験資格を得る必要があります。介護士に比べて責任は重くなりますが、その分給料や待遇面でも厚遇となる場合が多くなります。

4位 福祉住環境コーディネーター

主催団体:福祉住環境コーディネーター協会

こちらの資格は3〜1級まであります。福祉を必要としている人の中には高齢や障害があることから、住環境に不便を感じる人も少なくありません。そういった人たちの視点に立って、より良い環境を提案するのが、福祉住環境コーディネーターです。資格取得後は介護の現場だけでなく、建築やハウスメーカーなどの仕事でのスキルアップに役立てている人が多いそうです。

5位 社会福祉士

主催団体:社会福祉振興・試験センター

こちらも有名な国家資格です。身体や精神に障害を抱えた人の相談に応じて適切な指導や助言を行う専門職で、資格を取得する為にはやはり福祉系の大学に通うか、実務経験で受験資格を得る必要があります。

6位 保育士

認定団体:都道府県知事

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/hoikushi/

保育士も国家資格のひとつですが、実務経験があれば通信教育で学習をして試験を受けることも可能となっています。近年は子どもの数が減少したこと、待機児童の問題などで保育士の数も少なくなっている事が問題視されていますので、需要が求められている資格です。

まとめ

福祉に関する人気資格ランキングを紹介しました。福祉の資格は一生役立つ資格です。就職や転職を考えている人は、資格を取得してアピールしていきましょう!
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です