福祉心理アドバイザー認定試験、口コミ・評判

福祉資格

SHARE

福祉心理アドバイザー認定試験、口コミ・評判

福祉心理学という学問があります。
字面にするとどうしても難しく見えてしまいますが、介護や心理カウンセラーといった仕事を職業としている方には密接な関わりのある分野で、資格等を持っていなくても自然と理解している部分も多いかと思います。

この福祉心理学というものは比較的新しい学問として認知されており、現代の高齢化社会の加速に比例す
るように、専門的な知識を有する人材の需要も増してきている状況です。
前述の通り新しい学問ですので、知識があっても資格自体が存在しないといった問題もあるようです。
資格という形をもった肩書があれば、知識と合わさり更に大きな信頼や安心感を得ることができます。

そこで今口コミで評判になっている、福祉心理アドバイザー認定試験をご紹介します。

福祉心理アドバイザー認定試験

主催団体:日本インストラクター協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円

こういった資格認定試験というものは、基本的に専門学校や大学で専攻して学ぶ事が前提条件として提示
されるものが多い中、受験するための条件が無いというのは大きなアドバンテージでしょう。
また、受験費用も手頃な価格ですので、取得後にはたらく有益を考えれば微々たるものと言えます。
資格を取得した後は、教育者・指導員として活動することが可能になります。
医院でのカウンセラーや、講師として講演会を開くなど、活動の幅が広がったと口コミでも評判です。

主催している日本インストラクター協会では様々な分野の認定試験を執り行っており、そのどれもが生活や
仕事に役立つ、直結した資格になっているのが特徴です。

進む高齢化社会と福祉アドバイザーの需要

冒頭でお話したとおり、現在の日本は高齢化社会の一途を辿っているのはご存知かと思います。
医療の発達により平均寿命が伸びた事が一因とされており、日本では既に65歳以上の人口が3200万人弱
となっており、実に人口の4人に1人が高齢者となっています。
この高齢化現象は日本のみならず、世界的にも広がっている問題なのをご存知だったでしょうか。
60歳以上の人口は日本が33%、イタリアが28.6%、ドイツが27.6%となっており、2050年には日本の
60歳以上の人口は42.5%になると予想され、高齢化が非常に速い速度で進行している事が分かります。

こういった情勢ですと、国は高齢者に向けた社会福祉のインフラ整備を急務の国策とするのが道理です。
高齢化社会の厄介な所は、国が高齢者への福祉制度に対応を追われ、同時に起きる少子化問題に対して
アクションが一手も二手も遅れてしまうことです。
また、一度開始しようと思った施策に必要な人材の選定には、明確な指標が必要になります。
言わずもがなですが、その明確な指標足りえるのが、資格という目に見える技術の証ということですね。

口コミの評判でもこれからを見据えて取得した、といった声を多数見ることができる点を踏まえても、
「今後確実に起こる需要増加に適合した資格」と言えるのは間違いないでしょう。

じわじわと近寄ってきている高齢化社会で活躍する人材として、その第一歩に福祉心理アドバイザー認定
試験の受験を考えてみてはいかがでしょうか。
福祉心理カウンセラー福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です