盆栽クリエイターの口コミ評判

盆栽

SHARE

盆栽クリエイターの口コミ評判

盆栽と聞くとお年寄りの趣味のイメージが強いですが、昨今ではそうでもないようです。

植物鑑賞の一種として広く認知はされている盆栽ですが、これがまた奥深いんです。
というのも、元々は中国から伝来した文化なので、そもそも歴史自体が深いんですね。
現在では自宅で盆栽を売りに出す方も出てきているぐらい、今口コミで評判になっています。

今回は日本デザインプランナー協会主催の盆栽クリエイターの資格をご紹介します。

盆栽の広まり

盆栽は現在では海外の方の注目を集める「粋な趣味」として広まっています。
ネットショップで盆栽が海外の方に驚異的な人気を呼んでおり、BONSAIと呼ばれ親しまれています。

盆栽と聞くと高価なものをイメージしてしまいがちですが、数千円で手に入る物もあります。
庭の手入れや部屋に観葉植物を置くのと同じ感覚で盆栽に興味を持つ若い世代が増えているようで、
今やお年寄りだけの趣味とはいえないほどの人気と評判が口コミで話題になっています。
サイズが植木鉢程度で小スペースで済むというのも受けがよく、下手に大きな観葉植物を部屋に
置くよりもずっとスマートでセンス溢れる部屋に仕上がる、と盆栽が見直されてきているんです。

盆栽は栽培の管理や育成、水やりに長い時間をかける趣味ですので、普段日中は会社で働いて、
といった方にはなかなか手の出し辛い趣味で、実際も時間のある熟年層の趣味でした。
昨今の仕事の多様化により時間に余裕のある人が増えて来たことで、熟年層以外にも広がってきて
おり、昔とは違う世代へ向けた盆栽の知識の発信ができる人材の需要が増えてきています。

また、手乗りサイズの盆栽は女性の評判が高く、「カワイイ」観葉植物として注目されています。
小さな鉢でのバランスを考えた植栽ですので、なかなかに頭を使うようで、頭の体操にもいいとか。
意外なところにも盆栽の需要があるようで、びっくりしますよね。

最近では空中盆栽という、磁力を利用しての盆栽アートが話題になりましたが、それぐらい国内だけ
でなく世界への関心が高い趣味と言えますね。

盆栽クリイター認定試験

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

主催団体の日本デザインプランナー協会ではデザインに関する資格を専門に取り扱っています。
デザイン業界でも盆栽は今新たな切り口として需要が増しており、観葉植物として盆栽のジャンルを
広く浸透させようという動きが見られているようで、興味深いですね。

どこかに出向いての受験ではないので、自宅の自分の空間で受験が可能です。
リラックスして試験に臨む事ができますので、受験者にとってこれは大きなメリットですね。

知らないうちに盆栽の世界が若い世代にも認知されてきていたんですね。
今まで盆栽に興味がなかった方も、これまで盆栽を続けてきた方にもオススメの資格です。
熟年層の方には特に取得を薦めたい資格で、老後の生活を豊かにしてくれる事は間違いなしです。
資格の取得後は自宅で盆栽スクールの開業もできますので、受験を検討してみてはいかがでしょうか。
盆栽盆栽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です