発酵食健康アドバイザー口コミ評判

発酵食品

SHARE

発酵食健康アドバイザー口コミ評判

ワイン、チーズ、ヨーグルト、キムチなど世界中に多く存在する発酵食品。世界の中でも日本は特に発酵食品の多い国です。例えば、納豆、味噌、日本酒などが挙げられます。

昔から馴染んでいる発酵食ですが、その健康や美容に対する効果が取り上げられることが多くなり、近年ではさらに注目されています。

頻繁に食べる機会がある発酵食とはいえ、その効能や作られるメカニズムなどについて知っている人は少ないでしょう。

そこで、発酵食品の専門家が求められているのです。

発酵食健康アドバイザーは、日本インストラクター協会が主催する資格で、発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定されるものです。

この記事では、資格取得方法を含めた発酵食健康アドバイザーのご紹介をしていきたいと思います。

発酵食品はどうやってできるのか?

発酵は、微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益なものになることをいいます。
食材についた微生物が持つ酵素によって、でんぷん質やタンパク質を分解し、アミノ酸や糖分など様々な物質を生み出し、栄養たっぷりの食品へと変化します。
また、その作用によって、元々の食材にはなかった深みのある味や豊かな香りが出ます。

ところで、発酵と腐敗の違いについてはご存知ですか?

プロセスは同じように思えるのになにが違うのだろうと疑問に思う方もいると思います。

その違いは、”有益”か”有害”かという違いです。

どちらも微生物の作用によって起こるものですが、人の体にとって有益だったら、”発酵”と呼び、有害だったら”腐敗”と呼ばれるのです。

発酵食健康アドバイザーが就くことができる職種は?

ー セミナー講師
発酵食品のメカニズムや効能について講演を行うことが出来ます。

ー 発酵食品の商品開発部員
発酵食品の企画や製造を手がけている企業で商品開発者として活躍することが出来ます。
ー 発酵食品専門レストランを開店する
発酵食品の知識をフル活用して様々な料理を生み出すユニークなレストランを経営することが出来ます。

ー 発酵食品専門店を開いたり、店員として働くことが出来ます。
発酵食品専門店で働くには、深い発酵食品の知識が必要なので、ぴったりの職種です。

ー 自宅で発酵食品を使用した健康と美容のための料理教室を開く
フルタイムで働く時間がない人でも、月に数回など限定で料理教室を開くということも考えられます。

ー 味噌など発酵食品を製造している会社で製造者や管理者として働く
発酵食品関連の企業に就職する予定がある人は、この資格をとっておくことはプラスになります。

発酵食健康アドバイザーの資格取得方法

発酵食健康アドバイザー認定試験概要受験資格 特になし受験料    10,000円(消費税込み)受験申請 インターネットからの申込み受験方法 在宅受験合格基準 70%以上の評価受験日程   2ヶ月ごとに年に6回実施予定

今現在発酵食品を製造されている方にもこの資格を取ることはオススメなのですが、なかなか試験の時間を取るのが難しいと思います。

そんな方にも日本インストラクター協会が主催する資格試験は受験しやすいものになっています。

受験方法ですが、問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきて、それを好きなタイミングで自宅で受験することができ、受験後は同封されている返信用封筒に解答用紙を入れ返送するだけです。日中に時間がない方や試験のスケジュールの確定が難しい方でも、ご自分の都合の良い日時で受験することができるため、気軽に挑戦できるシステムです。

まとめ

発酵食健康アドバイザーの資格を取得するメリットなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

仕事にどのように役立つかということを中心にご説明しましたが、仕事だけではなく、発酵食品の知識を深めることで、自分の健康や家族の健康を保つことにもとても役立ちます。

この資格を取れば自分が望む仕事や生活を手に入れる確率が高まると思えた方は早速、勉強を開始し、発酵食健康アドバイザーの資格試験に挑戦してみませんか?
発酵食品発酵食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です