猫資格人気ランキング

近年“猫”ブームがきていますね。数年前までは、犬を飼っている世帯が圧倒的に多かったのですが、今ではその世帯数の差はほとんどないくらいに縮まっているのです。なぜブームとなっているかというと、もちろん“猫”の可愛さは1番に挙げられるのですが、日本の住宅事情・高齢化など社会的な問題にも関係があることが分かっているのです。まだまだペットを受け入れない住まいが多く、鳴くことが少なく、大きさもそれほど大きくならずに、お散歩で外に連れていく必要のない猫をこっそりと飼う方が増えているんだそうです。また、高齢者は犬の毎日の散歩やしつけなどが億劫で負担になるからと猫を選ぶ方が多いんだそうです。

これからさらにペットとして“猫”を選ぶ世帯が増えていけば、“猫”に関する問題や商品、商売が増えてくることでしょう。その際に、先取りで“猫資格”を持っていれば、お仕事で強みとなったり、また自分自身が猫の飼育を始めたときにも快適な環境を整えてあげることができますよね。そんな“猫資格”についてここからランキングでお伝えさせていただきますので、ぜひご覧ください。

1位 猫の育て方アドバイザー

「猫の育て方に関する知識を有していることが証明される」資格。具体的に、飼育する上で必要な費用、事前に揃えておく用具やその使い方、ライフスタイルに合わせた“猫”の選び方、家に迎え入れる際の環境づくり、子猫と母猫がいる場合の対応、子猫のお世話の方法、排尿や排便、避妊や去勢、病気について、動物病院での対応方法、食べさせてはいけない食品の種類、餌の種類とその選び方、毛の手入れ、トイレなどのしつけに関する知識を有していることが必要となります

受験資格はなく、だれにでも受験が可能。また、在宅で試験を受けることができるので、お仕事で時間の確保がむずかしい方でも安心。費用も10,000円と気軽に受けることができるのもいいですよね。

2位 猫の健康管理インストラクター

「類別の知識を有していることが証明される」資格。多数の種類の“猫の”歴史や原産国、顔や目といった見た目の部分別の特徴、性格やお手入れ、育てる環境などに関する知識を有していることが必要となります。

こちらも費用は10,000円で、2か月に1回、偶数月に試験が開催されているので、年に1度しかない試験と違って、自分のペースで勉強の期間と試験日を決めることができるのもとても魅力的。忙しい方でも、マイペースな方でもいつでも始められる資格ですね。

3位 キャットケアスペシャリスト

「基本的な猫の品種、日常の飼育管理方法から、猫に関する専門用語、歴史、看護学、お手入れ、繁殖、出産まで、すべて学べる猫のスペシャリスト養成」を目的とした資格。

試験会場に行かなくても、自宅で添削課題を提出し、合格後にライセンス申請をするだけでOK。現役のキャットシッターと実際にお客様のご自宅を訪問する実技研修を受ける事が可能なので、資格取得後の仕事のイメージもつかめるのはとても魅力的。

4位 キャットシッター

「愛猫のお世話をプロフェッショナルに依頼したいと考える愛猫家に、大きな訴求力を持つ」資格。猫専門のシッティング業務を行うことができます。

協会指定のカリキュラムを修了することが受験資格となるので注意。ただ、年齢制限はなく、カリキュラムさえ修了していればだれでも筆記試験を受けられます。受験料は12,000円。

5位 キャットフレンドリーパーソン

「愛猫家を対象に、猫の基本的知識を備えた者に付与される」資格。猫の生態や飼育方法、健康管理、症状から病気を探る方法、猫の文化や思考など、愛猫家として知っておきたい知識を持っている必要があるのですが、そこまでの専門性はなく、誰でも比較的簡単に取得することが可能なので、愛猫家の方にはもってこい。

試験は在宅での受験となりますので、どなたでも気軽に受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です