犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

ドッグトレーニング

SHARE

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

愛犬のしつけに悩む人は多いのではないでしょうか。自分の飼っている犬のためにとドッグトレーニングについての資格を取得する人が増えてきています。さらには、大好きな犬に関わった仕事をしたいからとさらに深い知識を得ることができる資格についても注目が集まっています。今回は犬・ドッグトレーニング資格人気ランキングについてまとめました。資格によって、学ぶ知識の広さやその後の活用方法が変わってくるので一つ一つ理解しましょう。自分に合った資格を選びスキルレベルを上げていきましょう。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは「JLESA(日本生活環境支援協会)」が主催している資格です。家庭で飼っている犬のしつけの基本的な知識や、トレーニングの仕方・順番を正しく理解している人を認定する資格です。飼い主のアイコンタクトの取り方なども覚え、愛犬のしつけにとても役に立ちます。

資格取得後は、愛犬へのしつけで活かせるほかにも、ドッグトレーニングアドバイザーとしてをお客様へアドバイス・指導することができます。犬に関係した仕事をしている人にはスキルアップにもつながります。

資格の取得方法は、認定試験を受ける必要があります。10,000円を支払い試験問題が自宅へ届きます。そして試験の結果70%以上の評価がもらえれば資格取得となります。

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターは「JIA(日本インストラクター協会)」が主催している資格です。犬種別のしつけの方法や首輪やハーネスの使い方などについて学びます。さらには、無駄吠えの辞めさせ方や禁止エリアへ入らないようにする方法などしつけについて深い知識をもつ必要があります。老犬の管理や多頭飼いの管理の仕方・動物病院やドッグランでのしつけなどのマナー面に関しても理解し、実践する能力がある人を認定する資格です。

資格取得後は、愛犬とのしつけに役立つのはもちろんです。そのほかにもスクールや自宅で講師として指導することもできます。

資格の取得方法は、受験料の10,000円を支払いインターネットから申し込みます。在宅で試験問題を解くことができます。70%以上の評価がもらえれば資格取得となります。受験会場へ行く必要もないので、取得しやすい資格となっています。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

この資格は、家庭犬のしつけを行うときに必要な資格です。犬種別のしつけの仕方はもちろん、家庭で育てられているからこその特徴を理解しなければいけません。飼い主と愛犬の信頼関係を築いていくお手伝いもしていきます。犬が大好きな人にとっては、常に犬と触れていられる仕事ですよね。

資格取得後は、ドッグトレーナーとして家庭で育てられている犬のしつけを行うことができます。出張トレーニングをするときもあります。犬関連で指導する仕事の場合には、必要な資格になってきますね。

資格の取得方法は、認定教育機関の専門学校へ通うか、通信講座を受講しカリキュラムを修了することが必要です。その後それぞれ認定資格を受け合格すると資格取得となります。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JSCAとは「日本キャリア教育技能検定協会」の略称です。ペットに関するさまざまな資格を認定している協会です。ドッグトリマーは犬の美容師さんですよね。犬種別での扱い方や、カットなどのトリマーとしての基本も学んでいきます。ヘルスケアなどのメニューも需要があるため、ドッグトリマーとしての知識を深く理解することが必要です。

資格取得後は、ドッグトリマーとしてサロンで働くことはもちろんですが、開業する際にもお客様の信頼を得ることができます。

資格はドッグトリマーA級・B級・C級と分かれています。級が上がるごとにスキルもアップしていきます。認定教育機関や通信講座などを受講し正しい知識を学ぶ必要があります。その後認定試験を受け合格すると資格取得となります。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

この資格も「日本キャリア教育技能検定」が主催している資格です。犬のしつけやトレーニングを指導しアドバイスできる能力がある人を認定します。犬のしつけの基礎を学ぶのはもちろん、飼い主と愛犬の信頼関係の築き方や、犬種別のポイントなど幅広く学ぶことができます。

資格取得後は、ドッグトレーナーとして活躍することができます。開業し、トレーナーサロンを開くことも可能です。お客様からの信頼を得るためにも取得しておきたい資格です。

資格はドッグトレーナーA級・B級・C級と分かれています。トレーナーとしてのスキルを上げるには上の級を取得していくのがいいでしょう。認定教育機関を卒業するか、認定講座を受講する必要があります。その後、認定試験を受け合格すると資格取得となります。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です