物件を様々な面から評価!土地家屋調査士について

shikakusyutoku

SHARE

物件を様々な面から評価!土地家屋調査士について

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地の測量や土地の登記など、土地に関する専門家です。依頼を受けて土地に関する調査や申請作業などを行う職業で、建築の際や土地の売買が行われる際に活躍します。

土地家屋調査士 難易度・就職・仕事の内容・年収など

土地家屋調査士の資格試験の合格率は平均7%ほどと、非常に低くなっています。非常に専門性の高い資格であるため、難易度も高いと言えます。

土地家屋調査士の資格を取得しての就職は、土地家屋調査士事務所への就職が主になります。そこでの仕事内容は、土地の登記のための書類作成や申請業務といった事務作業や、屋外での測量といった作業も行うことになります。非常に様々な種類の業務をこなしていかなければならない職業です。また、土地家屋調査士事務所でしっかりと経験を積んで、独立をするという場合もあります。

土地家屋調査士事務所に就職した場合の年収は、300万円から600万円ほどになります。

土地家屋調査士 受験資格・試験内容・合格基準など

土地家屋調査士の資格試験には受験資格は設けられていません。しかし試験は筆記試験と口述試験に分かれており、筆記試験に合格しなければ、口述試験は受験できません。

筆記試験は、午前と午後に分かれており、午前試験の試験内容は 平面測量や作図といった実技的な試験が行われます。

そして、午後試験の内容は、民法に関する知識や登記の申請手続、審査請求の手続、土地家屋調査士法に関する問題といった、知識を問われる問題が出題されます。

さらに口述試験の試験内容は、民法に関する知識、登記の申請手続などを、口述で問われます。

合格基準は、午前試験が60%から73%ほどの得点、午後試験が64%から70%ほどの得点で合格となります。この合格基準は年により異なります。

土地家屋調査士 ランキング

1位 資格の総合スクールLEC 2017年土地家屋調査士ストレート合格Aコース

資格の総合スクールLECの2017年土地家屋調査士ストレート合格Aコースは、土地家屋調査士を一から学習することができる講座です。土地家屋調査士だけでなく測量士補の学習も同時に行うことで、短期間で資格取得を目指すことができます。

2位 資格の総合スクールLEC 2017年土地家屋調査士ストレート合格Bコース

資格の総合スクールLECの2017年土地家屋調査士ストレート合格Bコースは、基礎知識から作図といった幅広い内容を学ぶことができます。試験に出題されるレベルの問題を使っての演習もあるため、効率よく学習できます。

3位 早稲田法科専門学院 土地家屋調査士入門総合ビデオコース

早稲田法科専門学院の土地家屋調査士入門総合ビデオコースは、映像を通しての学習ができる講座です。映像なので自宅に居ながら、教室で講義を受けているように学習ができるため、しっかりと知識が身に付きます。

4位 早稲田法科専門学院 土地家屋調査士書式実力養成コース

早稲田法科専門学院の土地家屋調査士書式実力養成コースは、解法力を高めることができる講座です。基礎的な知識を身につけ、試験合格に向けて実践的な学習をしたい人におすすめです。

5位 早稲田法科専門学院 土地家屋調査士全国答案練習DVDコース

早稲田法科専門学院の土地家屋調査士全国答案練習DVDコースは、試験に出題されるレベルの問題で演習ができる講座です。難しい土地家屋調査士の試験に合格するための知識がしっかりと身に付きます。またDVDによる映像での解説で、さらに理解しやすくなっています。

まとめ

土地家屋調査士は、様々な資格の中でも非常に難しく、難易度の高い資格試験です。そのため、しっかりと時間をかけて学習する必要があり、資格取得までにかなりの苦労を伴うのではないかと思います。しかし土地家屋調査士は、土地に関する専門家ともいえる職業で、仕事もやりがいのあるものだと思います。

また、資格を取得しなければ土地家屋調査士を名乗ることはできません。そのため、土地家屋調査士を目指す人は必ず取得しておきましょう。そして、不動産会社や地図作成会社などでも活用できる資格ですので、そういった企業への就職を考えている人も取得しておくことをおすすめします。

とにかく難しい試験ですので、早めに学習を始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です