漢方コーディネーター認定試験の口コミ・評判

漢方薬膳

SHARE

漢方コーディネーター認定試験の口コミ・評判

体調が悪くなったり、急な症状に悩まされた時に何を頼りますか?
病院、市販薬、漢方・・・色々と手段がありますが、漢方について詳しく調べた事はあまり無いかと思います。
漢方とは中国医学を基にして、日本で発展した伝統医学で、実は鍼やお灸、指圧等も漢方に含まれます。

大きな特徴として、伝統的な医学の分野で広く認知されているにも関わらず、医師としての国家資格が存在
していないという事が挙げられます。これは漢方に精通した人には長年の悩みの種となっていましたが、
2001年にようやく和漢薬(日本の民間で開発された生薬のこと)を説明・解説できる事が医学部の教育内容
ガイドラインに加えられた事で、大学で漢方に関する講義が少しづつ始まってきました。

そこで口コミで需要を増してきているのが、漢方のスペシャリストの証として取得が推奨されている、
日本安全食料料理協会主催の漢方コーディネーター認定試験です。

漢方コーディネーターとは

そもそも漢方薬とは、”複数の生薬を組み合わせた”ものを指します。
また、生薬とは天然に存在する草花等が持つ薬効を素材そのままに利用するものをいいます。
間違えてはいけないのが、生薬はそれ単体でも単独で薬として使用されることがありますが、これは漢方薬
とは言わないという事です。”理論に基いて複数の生薬を配合したもの”が漢方薬として定義されています。

漢方コーディネーターとはその為の知識を有した方が取得できる資格となっておりますので、冒頭で述べた
通り国家資格等が存在しない漢方薬の分野では、目に見える技術の証として重宝していると評判です。

昨今では雑誌やテレビ等のメディアでも取り上げられていますが、漢方が女性ホルモンに効果を及ぼすとさ
れており、女性の関心が高まってきています。具体的に効果的なのは冷え性や肩こり、生理痛や不眠症等
が挙げられます。こういった症状は西洋医学では病気と認められていないものや、完治が難しいものとされ
ていますので、全く別の東洋医学である漢方での治療アプローチが注目されているわけですね。

漢方コーディネーター認定試験の概要

試験の内容としては、漢方の基礎知識はもちろん、漢方歴史や思想、気に関する知識も問われます。
さすがに医学の一分野ですので簡単なものではありませんが、その分専門性の強い資格を取得した後は、
難解な知識を有する証として長い間効力を発揮してくれる事は間違いありません。

とりわけ漢方の効能は女性の身近な悩みに強い特徴がありますので、今後こういった悩みが無くなる事は
可能性として少なく、今後の需要が一定以上あるという事もメリットでしょう。

主催している日本安全食料料理協会では、この他にも食品にまつわる認定試験を取り扱っています。
昨今では食の安全について問題提起される事が非常に多くなってきている社会情勢です。
異物混入、産地偽装、賞味期限の差し替え等、毎月のように各メディアが報道している状態ですので、
今まで以上に食品に対する警戒心が高まっています。企業側としてもこういった知識を持つ人材の獲得に
躍起になっており、食品業界で働く事を考えている方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です