温泉観光資格人気ランキング

温泉

SHARE

温泉観光資格人気ランキング

温泉観光資格人気ランキング

何歳になっても需要があるのが温泉観光ですよね。年代を問わず温泉・観光についての情報や理解が多ければ、有効に活用することができるのではないでしょうか。ただその温泉が人気だからではなく、歴史や効果まで深く知るとまた違った角度で楽しめることができます。友人や家族と温泉に行くときに活用するだけでなく、旅行観光のアドバイザーなどの仕事として活躍することもできます。

今回は、温泉観光の資格のポイントや学べる知識についてまとめました。自分に合った資格を選び資格取得を目指していきましょう。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは「JLESA(日本生活環境支援協会)」が主催するものです。さまざまな温泉の所在地や歴史、そして温泉の性質や、健康効果などについても学びます。普段の生活で活用することはもちろんですが、資格取得後はスクールで講師をしたり、自宅でスクールを開催することができます。

資格の取得方法ですが、受験資格はなく独学でも試験を受けることができます。インターネットから申し込むと自宅に試験問題が送られてきます。70%以上の評価がもらえれば合格・資格取得となります。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは「JIA(日本インストラクター協会)」が主催するものです。「サナトリウム」とは療養をする休憩所のことをいいます。そのため温泉の効能や健康効果を理解することはもちろんですが、泉質の種類や入浴方法まで学ぶことができます。そのほかにも温泉分析表の見方や、源泉かけ流しなどの言葉の意味を理解することが必要です。

資格を取得した後は普段の生活で活用することがもちろんですが、さまざまインストラクターの人のスキルアップにもつながります。温泉に関するサナトリウムについてアドバイスすることができるようになります。

資格の取得方法ですが、こちらも受験資格はありません。そのため独学でも試験を受けることができます。元々温泉好きの人にとっても取得しやすい資格です。インターネットから申し込み、自宅で試験問題を解きます。70%以上の評価がもらえれば合格・資格取得となります。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエは「温泉ソムリエ協会」が主催するものです。温泉の温度や効能などの基本、正しい入浴方法理解している人を認定するものです。温泉が好きな人にとっては、取得するまでの間も楽しめるのではないでしょうか。

資格を取得すると、「温泉ソムリエ」としてアドバイスをすることができます。温泉施設で働いている方や観光関係で働いている方のスキルアップになります。

温泉ソムリエの資格取得方法は3つあります。ツアーでは旅行の費用を出すだけで、資格取得ができるので温泉好きにとってはとてもお得な方法となります。

1.温泉ソムリエ協会主催の「温泉ソムリエ認定セミナー」に参加する。半日の受講で認定されます。

2.「温泉ソムリエ認定ツアー」に参加する。1泊2日参加し、認定されます。

4位 温泉観光士

温泉観光士は「日本温泉地域協会」が主催しているものです。群馬県草津町が協力している資格です。温泉の本質を理解することはもちろん、観光・温泉地域の発展や活性化を実践する力を得ることができます。

資格を取得した後は、スクールや自宅でアドバイザーとして活躍することもでき、さまざまな角度から温泉を勧めることができます。温泉や観光施設で働いている方にとってはスキルアップになり、温泉のある地域の活性化にも協力することができます。

資格の取得方法は、協会が主催する講義やセミナーを受講する必要があります。専門の講師のもとで学ぶことができます。講義だけでなく野外実習や試験もあり、全て受講・合格することで認定・資格取得となります。今までの取得方法とは異なり、草津町まで行く必要があります。実際に温泉に入ることもできるので、ぜひ取得したい資格です。

5位 温泉保養士

温泉保養士とは「バルネオセラピスト」とも呼ばれており「日本温泉保養士協会」が主催するものです。温泉医学や、予防医学など温泉と健康の関わりについて学ぶことができます。温泉についての基礎知識や温泉による健康効果など、温泉療法について理解することが必要です。温泉を健康・安全に利用できるようにアドバイスする能力がある人を認定する資格です。

資格取得後は、温泉好きな人がさらに温泉を楽しめるようになることはもちろんです。すでに温泉・観光施設で働いている方はスキルアップにつながります。お客様に的確に温泉のアドバイスができ、仕事の楽しみが増えるのではないでしょうか。

資格の取得方法は、日本温泉保養士協会が実施する講習会に参加することが必須です。その後認定試験を受け、合格すると資格取得となります。講習会では11課程を3日間で修得します。
温泉観光  温泉観光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です