洋食エキスパート口コミ評判

洋食

SHARE

洋食エキスパート口コミ評判

昔の日本は、ほぼ和食をいう生活をしていましたが、今では、すべての洋食が日本国内に揃っているのではないかと思うほど、色々な国の洋食が日本でも食べることができます。

レストランもたくさんあり、自分で作る場合にも食材も簡単に手に入ります。

洋食エキスパートの資格は、日本の洋食の歴史、洋食を作る際に使用する道具、洋食でしようされる調味料、食材、洋食のマナーなどの基礎知識から洋食でよく使われるソースの作り方、様々な洋食のレシピなど実践的な知識を身に付けている方へ認定される資格です。

包丁、フライパン、ソースパン、鍋の使い方を理解し、洋食の下準備、焼く、揚げる、煮込む、仕上げをマスターすることで、洋食エキスパートの資格取得を目指していきます。

この記事では、洋食エキスパートの資格受験方法や資格取得のメリットなどについてご紹介していきます。

洋食とは何を指すのか?いつ伝来したのか?

洋食とは、広い意味では西洋料理から西洋風の料理全般を指し、狭い意味では日本で独自に発展した西洋風の料理を指す日本料理の一カテゴリーです。

一般社団法人 日本洋食協会では「日本の洋食」を「洋食とは米飯に合わせて食す、日本独自の進化を遂げた西洋料理」と定義しています。

また、洋食は、幕末から明治期にかけて生まれ、西洋人のために西洋料理店を開いたことが発祥ということです。

明治時代に、西洋料理の食材をすべて揃えることは難しく、多くの場合は代用品が使われていました。
また日本人向けにアレンジが加えられることもあり、そうして生まれた日本的な洋食の代表が、ポークカツレツ、カレーライス、コロッケ、カキフライ、エビフライ、オムライスです。

現代ではポークカツレツは、「とんかつ」と呼ばれ、完全な日本料理になっており、欧米の日本食レストラン(定食屋)のメニューにも載っていることが多いです。

洋食エキスパートの資格取得方法

洋食エキスパート認定試験概要

受験資格 特になし
受験料    10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程   2ヶ月ごとに年に6回実施予定

受験方法ですが、問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきて、それを好きなタイミングで自宅で受験することができ、受験後は同封されている返信用封筒に解答用紙を入れ返送するだけという気軽さです。
日中に時間がない方や試験のスケジュールの確定が難しい方でも、ご自分の都合の良い日時で受験することができるため、多くの方に受験の機会が与えられているとも言えます。
試験料も10,000円で、そこには手数料や送料も含まれているため、10,000円以上に費用がかかることがなく、お小遣いやヘソクリからでも捻出できる価格になっています。

洋食エキスパートの資格を取得するメリット

洋食エキスパートを取得することで下記に記載するような様々なメリットがあります。

ー 自宅で洋食の料理教室を開くー 洋食で使う食材やスパイスなどを販売するお店を開くー 洋食レストランを開くー 洋食に関連する企業に就職を希望する方は、洋食エキスパートの資格を取得していることを履歴書に記載し、就職試験を有利に進めることができるー 食料品の販売員をしている方はスキルアップになり、会社にも努力をアピールできる
ー 洋食の調理師としてレストランで働くことができる
ー カフェの調理師やキッチン補助として働くことができる
ー 洋食で使う器具の販売を手がけることができる

まとめ

洋食とは何か、洋食エキスパートの資格を取得するメリットなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

少しでも興味が湧いた方は日本安全食料料理協会のウェブサイトで詳細を確認し、洋食エキスパートの資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?

洋食洋食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です