最も定番のプログラミング言語!Javascriptについて

shikakusyutoku

SHARE

最も定番のプログラミング言語!Javascriptについて

Javascript

Javascriptは、プログラミング言語のひとつで、幅広く使われているプログラミング言語です。スマートフォンが普及してくると同時に普及してきたスマートフォンアプリを作成する際にもJavascriptは使われるため、Javascriptを扱える人材は、どの企業からも求めてられています。

Javascript 難易度・就職・仕事の内容・年収など

プログラミング言語は、習得するまでに時間がかかりますし、苦労する部分も多くあります。なので、プログラミング言語の一つであるJavascriptも、難易度は高いと言えるのではないでしょうか。

ですが、苦労してJavascriptを習得すれば、コンピューター関連の企業に非常に就職しやすくなります。そこでの仕事内容は、WEBサイト制作のプログラミングや、アプリ開発のプログラミングが中心になります。アプリが多くなってきた近年では、アプリ開発の方が多いかもしれません。プログラムを作っていくことになるので、サイトやアプリが正常に動作するかを決める重要な仕事でもあります。

Javascriptを習得して就職した場合の年収は、平均して450万円ほどとなります。しかし企業によったり、独立した場合などにより年収が高くなる場合があります。その場合は700万円や800万円に到達する人もいるようです。

Javascript 受験資格・試験内容・合格基準など

Javascriptに関する資格には、CIW Javascriptスペシャリストという試験があります。このCIW Javascriptスペシャリストは、Javascriptの専門的なスキルを証明する資格です。

受験資格は特に設けられていませんが、主に業務でJavaScriptを使用する人やウェブアプリケーションの業務に携わる人が多く受験します。

そんなCIW Javascriptスペシャリストの試験内容は、JavaScriptの基礎やプログラミングといった基本的な部分はもちろん、コード開発やデータ処理、オブジェクトモデル、Webサイトへの実装など、より実践的な知識が問われる問題も出題されます。

合格基準は、全体の75%以上の得点で合格となります。

Javascriptの知識や技術を証明する材料にはなりますが、英語での出題になるため、なかなか敷居が高いことが現実です。

Javascript 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール Javascript入門講座

デジハリ・オンラインスクールのJavascript入門講座は、WEBコンテンツを制作するうえで必要な基本から様々な構文までを学習することができます。Javascriptの初心者やWEBデザイナーとして仕事をしている人でスキルアップを目指す人におすすめです。

また、通信講座なので自宅で学習できますが、動画授業やライブ授業といった、実際に講義を受けているように学習することができますし、その場で質問することもできます。

まとめ

Javascriptは近年普及してきたスマートフォンアプリを制作するにあたって非常に重要なプログラミング言語です。そのため、アプリ開発企業をはじめとしたコンピューター関連の企業で、非常に活躍することができると思います。また同じプログラミング言語であるHTMLやCSSなどでもサイト制作は可能ですが、動きのないサイトしか作ることができません。現在では動きのある華やかなサイトが主流となっているので、そのようなサイトを作る人材が多く求められているのは言うまでもありません。

ですので、Javascriptはサイト制作会社やアプリ開発会社への就職を目指している人はもちろんですが、すでにHTMLやCSSを習得していて、サイトを制作することができる人、サイト制作会社で働いている人にとっても、スキルアップとして習得することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です