映像編集の常識!デジタル映像について

shikakusyutoku

SHARE

映像編集の常識!デジタル映像について

デジタル映像

近年の映画などの映像を編集するには、まず一度コンピューターに取り込み、デジタルで編集を行っていきます。このようにして作成された映像がデジタル映像です。この作業を行うには、デジタル編集の技術やコンピューターグラフィックスの技術などが必要になります。

デジタル映像 難易度・就職・仕事の内容・年収など

デジタル映像に携わるには、コンピューターや映像などの専門的な知識やソフトを扱う技術などが必要になるため、難易度は少し高めといえます。

就職先として挙げられるのは、映像制作会社やテレビ会社などが主です。そこでの仕事内容は、先に挙げたように、撮影した映像をコンピューターに取り込み、デジタルで編集を行っていきます。コンピューターでの編集などの技術やソフトを扱うためのスキル、様々な知識が必要になります。さらに編集の仕方によって映像の善し悪しも変わってくるため、映像編集のセンスなども問われる職業です。

その場合の年収は、平均300万円から500万円ほどといわれています。独立をして活躍できた場合には年収900万円以上という場合もあるようです。

デジタル映像 受験資格・試験内容・合格基準など

デジタル映像に関わる資格に、CGクリエイター検定があります。CGクリエイター検定はベーシックとエキスパートに分かれており、ベーシックは受験資格が設けられていないため、だれでも受験が可能です。エキスパートには、ベーシックの合格という条件が設けられています。

ベーシックの試験内容は、コンピュータグラフィックスの基礎や表現の基礎といった基本的な知識や知的財産権などの法律関係の問題が出題されます。

エキスパートの試験内容は、写真撮影や動画撮影、映像編集やモデリング、アニメーションといった実践的な知識のほかに、映像制作を支える技術など幅広い知識が問われます。合格規準はベーシック、エキスパートともに100点中70点の得点で合格となります。

そして、映像音響処理技術者資格認定試験という資格もあります。これは映像処理に特化した資格で、知識や技術を証明することができます。受験資格は設けられていないため、誰でも受験可能です。

試験内容は、映像音響処理技術者を目指す人にとっては必要な基礎知識が問われるので、映像処理を行う人は取得しておいた方が良いです。

合格基準は、60%以上の得点で合格となります。

デジタル映像 ランキング

1位 ヒューマンアカデミー 映像クリエイター講座

ヒューマンアカデミーの映像クリエイター講座は、Adobe Premiere ProとAdobe After Effectsを学ぶことができます。4枚のDVDで、直感的に効率よく学習することができます。

2位 デジハリ・オンラインスクール CG・映像「完全パック」

デジハリ・オンラインスクールのCG・映像「完全パック」は、3DCG制作ソフトと映像編集ソフトを学ぶことができます。映像編集に必要な知識を身につけることができ、CGクリエイター検定の合格も目指すことができます。

3位 デジハリ・オンラインスクール AfterEffects・Premiere講座

デジハリ・オンラインスクールのAfterEffects・Premiere講座は、AfterEffectsとPremireの操作を学習できます。AfterEffectsとPremiereはプロも使用しているソフトなので、実践的な知識や技術が身に付きます。

まとめ

近年は様々な映像コンテンツが多くあります。そしてその映像のほとんどが、編集する際にコンピューターを用いています。そのため、デジタル映像編集の知識や技術を持った人材は多く求められています。

そんなデジタル映像編集に直接関係のある資格はありません。また働くために資格が必要になる職業でもありません。しかし、今回紹介したような映像編集に関わる資格やCGに関する資格を取得し、ソフトの操作や編集の技術を身につけたり、知識を蓄えたりしておくことで、より早く業界で活躍することができるのではないかと思います。またセンスなども必要になってくるので、就職後もスキルアップをして行く姿勢をもって働くことが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です