日本茶・お茶資格人気ランキング

お茶

SHARE

日本茶・お茶資格人気ランキング

日本茶・お茶資格人気ランキング

お茶と言えば、日本人は身近なものに感じるのではないでしょうか。「お茶が好き」というだけでなく、さまざまな種類のお茶について学んだり正しいお茶の飲み方を学ぶことでさらに「お茶」を楽しめますよね。そのためには、「お茶」「日本茶」の資格取得をお勧めします。日本茶に限られた資格や、お茶全般に関する資格などさまざまな資格があります。

今回は日本茶・お茶資格人気ランキングについてまとめました。それぞれの学べる知識やポイントについて理解し、自分に合った資格を選んでいきましょう。

1位 日本茶セレクター

日本茶セレクターは「JSFCA(日本安全食料料理協会)」が主催するものです。日本人が一番身近にある「日本茶」についての正しい知識があることを認定する資格です。日本茶は、おもてなしをする際にも出すものです。喜ばれるおもてなしをするためにも、正しいお茶の淹れ方や美味しいお茶の淹れ方を学んでおくと役に立ちますよね。この資格では、このようなお茶の基本から学ぶことができます。さらに、お茶の歴史・栽培や収穫方法・お茶の種類などさらに深く知識を得ることができます。

資格取得後は、普段の生活に活かすことはもちろんです。さらに「日本茶セレクター」としてスクールで講師をしたり、自宅でスクールを開くことができます。

資格の取得方法は、インターネットから申し込み自宅で試験を受けることができます。そして70%以上の評価がもらえれば合格・資格取得となります。受験資格は特にないため、独学でもどこに住んでいても取得しやすい資格です。

2位 緑茶インストラクター

緑茶インストラクターは「JIA(日本インストラクター協会)」が主催するものです。この資格は「緑茶」についてのさまざまな知識を学ぶことができる資格です。緑茶だけに限らず、日本茶の茶葉を使った料理なども学ぶことができます。茶器の種類や各地のお茶の種類、さらにはお茶の歴史などについても理解することが必要です。

資格取得後は、「緑茶インストラクター」としてスクールで講師をしたり、自宅でスクールを開くことができます。茶葉を使った料理も講師として教えることができますよね。

資格の取得方法は、インターネットから申し込み自宅で試験を受けることができます。70%以上の評価がもらえれば合格・資格取得になります。こちらも、受験資格がないため、試験が受けやすく取得しやすい資格です。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザーは「NPO法人 日本茶インストラクター協会」が主催するものです。この資格は、日本茶に関する知識を消費者へ指導したりアドバイスをインストラクターの「アシスタント」として活用することができます。日本茶の初級指導者になります。お茶の歴史やお茶の正しい淹れ方・美味しい淹れ方などを正しく理解し、人へ伝えられるようになる必要があります。

資格取得後は、日本茶を扱っている販売店での指導やアドバイス・日本茶教室でのアシスタント・お茶のイベントでの案内などさまざまな場面で活躍することができます。

資格の取得方法は、3通りあります。

1通学コース

「日本茶アドバイザー養成スクール」へ通い、さまざまな知識を学び規定日数出席することが必要です。その後、修了確認テストを行い合格すると資格取得となります。

2受験コース

日本茶アドバイザー通信講座を受講します。通信で学ぶため、自分のペースで勉強することができます。その後、実技講習会を受講し認定試験を受け合格すると資格取得となります。

3通信講座コース

「日本茶インストラクター」という「日本茶アドバイザー」よりワンランク上の通信講座を受講します。日本茶インストラクターの通信講座が修了すると申請をするだけで日本茶アドバイザーの資格が取得できます。アドバイザーではなく、将来日本茶インストラクターとして活躍したい方はこのコースをお勧めします。

4位 日本茶インストラクター

日本茶インストラクターは「NPO法人 日本茶インストラクター協会」が主催するものです。日本茶に関しての基本的な知識や日本茶の淹れ方などの技術があり、お客様や日本茶アドバイザーへ指導することができる中級指導者の資格です。日本茶アドバイザーよりもさらに、上のランクで日本茶のプロとして活動することができるようになります。

資格取得後は、日本茶の教育活動ができたり日本茶カフェなどの開業することもできます。この資格を取得することで、大好きな日本茶を仕事として活用することができるようになるのではないでしょうか。

資格の取得方法は、日本茶インストラクターの認定試験に合格する必要があります。独学でも試験を受けることができますが、通信講座を受講することをお勧めしています。試験は第一次試験と第二次試験にわかれています。どちらも合格しなければいけません。

5位 日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリストは「JAFA(日本能力教育促進協会)」が主催するものです。私たち日本人にとって欠かせない「日本茶」について、製造方法や茶葉の種類そして美味しい淹れ方なども学ぶことができます。日本茶の深いところまで楽しむことができる、日本茶のプロの資格です。茶葉を使った料理なども学ぶため、自宅で楽しみながら勉強することができます。

資格の取得後は、日本茶を使った料理教室や、正しいお茶の淹れ方を講師として教えることができたりと仕事の幅が広がってきます。自分の好きな日本茶を人に教え、広めることができるのはとても嬉しいことですよね。

資格の取得方法ですが、協会指定の講座を受講することが必要です。その後認定試験を受けることができ、合格すると資格取得となります。試験が自宅で受けることができるため、どこに住んでいても資格取得の可能性があるのです。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です