日本茶セレクター認定試験口コミ評判

お茶

SHARE

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

普段何気なく飲んでいる日本茶ですが、実はとても奥が深く、種類の多い飲み物です。

グローバル社会の中で、日本茶を詳しく理解しておくことは、大人として、日本人としてワンランクアップする事ができるのではないでしょうか。

日本茶セレクター認定試験とはどのようなものなのか、口コミや評判、日程などご紹介したいと思います。

≪日本茶セレクター認定試験とは?≫

JSFCA日本安全食料料理協会が認定している資格の一つで、日本茶の歴史や、茶葉の知識、栽培や収穫方法、茶摘みの時期と新茶などの種類、などの知識を持っているということを証明できる資格です。

日本茶の製方や値段の相場、良質なお茶の見分け方、日本茶の淹れ方の基本・注意点を理解することで、講師としてだけでなく、プライベートでも一流のおもてなしをする事ができるようになります。

また、日本茶セレクターのようなプロフェッショナルを意味している資格はそれほど多くはないので、日本茶に興味がある方にとって注目している資格のようです。

≪日本茶セレクター認定試験の口コミ評判≫

実際に日本茶セレクター認定試験の口コミ評判を見ていきましょう。

・お茶のスペシャリストになれる

・日本茶の幅広い知識を得られるようになった

・勉強をしていく段階でお茶の魅力と知識を培う事ができた

・順序よく勉強をしていく事で理解がしやすい分野

私たちは普段の生活から日本茶に触れている機会が多いので、取り組みやすく覚えやすい内容となっているようです。

しかしながら、普段から日本茶に触れてはいますが奥深くは知らないという点から、詳しくなることで大人としてワンランクアップし、普段の生活が豊かになるのも魅力的だと感じました。

≪日本茶セレクターの仕事≫

最近では日本茶・お茶専門のカフェやショップもあり、専門店の店員として、開業者として働く事ができます。

お客様が求めている日本茶を、バシッとセレクトできる店員さんや茶葉に合ったお茶の淹れ方をしている店員さんを見ると、やはり素敵でかっこいいと感じました。

海外の旅行客が増え、日本茶セレクターの需要も増えていますが、なかなか資格を所有している人は少ないため、資格を取得しておくことで就職するにも開業するにも有利に働くと言えます。

資格を所有しているプロに、正しい日本茶をセレクトしてもらいたいと思う人は少なくないと思いまので、興味がある方は取得しておくとよいかもしれませんね。

実際に海外では日本茶が人気で、日本茶セレクターの資格を取得する海外の方もいらっしゃるようで、日本人よりも日本茶について詳しい方もいる程、人気の資格となっているようです。

≪日本茶セレクター認定試験日程と費用≫

JSFCA日本安全食料料理協会の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、忙しい方も安心して受ける事ができます。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「お茶の種類と選び方」「お茶を淹れる正しい手順」について、しっかりと押さえておくとよいでしょう。

≪まとめ≫

日本茶には煎茶・玉露・抹茶・煎茶・茎茶・など、まだまだたくさんの種類が存在しています。

普段から日本茶を飲んでいる私たちですが、それぞれに風味の特徴や淹れ方などが違い、様々なシチュエーションにあった日本茶を提供できる、違いが判る大人はやはり魅力的ではないでしょうか。

日本茶はご自身の趣味としても、日本茶の専門店やショップで消費者へのアドバイスとしても活躍する事ができるので、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択できるというのも魅力の一つかもしれません。

日本茶の魅力を多くの人に知ってもらえるように、日本茶セレクター認定試験を受けてみてはいかがでしょう。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です