手紙・文章ライター口コミ評判

手紙の書き方

SHARE

手紙・文章ライター口コミ評判

情報化社会でインターネットが普及し、文字でのやり取りが一般的になってから早幾年。
日常生活で友人への連絡も文字が主流で、最近ではLINEが広く普及していますね。
LINEはチャットソフトの一つなので、それまでに主流だったメールでのやり取りと比べてリアルタイム
でのやり取りが魅力となっており、若い世代を中心に大きな流行となっています。

さて、日常でも文字のやり取りは毎日のように繰り返している事ですが、仕事の世界でもこれは
言えることですね。メールでのやり取りや、社内チャットを利用している会社も今では多くなって
いると思いますので、私生活以外でも多くの時間を文字でやり取りしている方が大半です。

さて、こういった文字のやり取りに関して知識を持つのが手紙・文章ライターの資格です。
昨今ではライターの需要が爆発的に増加しており、引く手は星の数ほどある状況です。

今回はこういった文章記述の話題と、手紙・文章ライターに関してのご紹介です。

文字でのやり取り

日々インターネットでは流行する言葉やスラングが生み出されていっては消えていき、人に効果的な
伝え方というものも毎日のように変化していっている状況ですね。

特に文章で人に伝えるという事は思っているよりも難しく、第三者の視点で記述することが重要です。
見た人がどう思うか、どう伝わるか、そういったものを考えて文章を構成するという事です。
一字、一単語の表現を変えるだけでも伝わり方は変化していくものですので、より伝わりやすく、
見やすい文章にしていく事が大事ですね。

また冒頭で触れたチャットでのやり取りでは、短文でのやりとりが主流ですね。
こういった短い文章でも相手に与える印象がガラっと変わってしまうのが、文字の会話の魅力でもあ
り、難しいなあと思ってしまう要因でもあります。

例えば挨拶ひとつとっても

こんにちは  こんにちは!  こんにちわー  こんにちわ~
こんちゃ!  こんちゃー  ちわー  ちは

上の言い方はどれも印象がぜんぜん違いますよね?
ビックリマークをつけると快活な印象が与えられますので、感情を乗せる手段として有効ですね。
文章といったものはどうしても平坦なものなので、感情を乗せる事が難しいですよね。
ビジネスのシーンでもたまに使う程度で使用すると、相手に与える印象が変わりますよ。

また、日常会話でもこういった文字での感情の伝え方ではいろいろな手法がありますが、
顔文字や様々な方法があるなか、ネットスラングを使っての表現も発展していますね。
由来を調べているだけでも休日を消費してしまいそうな量があります。

手紙・文章ライター認定試験概要

主催団体:日本インストラクター協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

さて、文章・文字の世界は非常に身近ですが、同時に非常に奥が深いものとなっています。
こういった知識の取得、資格を有しているという事は社会で生きていくうえで大きな強みです。
昨今ではビジネスの世界でも文字のやり取りに移行しているところが多いので、オススメの資格
となっています。
また、日本インストラクター協会ではこういった指導員に関する資格を各種取り扱っており、
昨今の需要にマッチングしたものも多く存在しているため、口コミでも評判です。
興味のわいた方は資格の取得を検討してみてくださいね。
手紙の書き方手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です