手相資格人気ランキング

“手相”というワードを聞いたとき、みなさんはどんなイメージをしますか。手相に関する本が本屋さんに並んでいるのをよく目にしますよね。お笑い芸人の島田修平さんがTVで、芸能人の手相をみてどういった人物か、あるいは今後どんな人生を歩んでいくのか、いつごろ結婚するのかなどを話しているのも見かけることがありますね。

また、子供のころから女の子たちは「結婚線がどこにある?それは何歳で結婚する?何本ある?」という会話で盛り上がることが何度もあったと思います。そして、合コンでも初対面の相手と“手相”を見合って盛り上がったことがある、なんて記憶がある方多いのではないでしょうか。

実情として“手相”は、結婚線や珍しいますかけ線などの、TVでよく耳にするメジャーどころしか知らない人がほとんどなのではないでしょうか。ネットで出てくるような手相の線も、情報が多くありすぎて、サイトによって内容が違っていたりして、どれが本当の情報なのかがわからなくなってしまっています。その中で、情報を取捨選択していくのは大変ですよね。でも、“手相”は上でも挙げたとおり、コミュニケーションのきっかけとしても力を発揮する話題でもあります。

そんな手相を、趣味のひとつとして、もしくは統計学を学ぶひとつの方法として、“手相の資格”が実は多く存在しているんです。その中でもおすすめの資格を1位~3位のランキング形式で紹介させていただきますね。

1位 手相鑑定士

「手相の知識はもちろん、実際に人の手相を占うことが出来る実践的なスキルを身に着けた方に贈られる」資格。

趣味として、会話のきっかけとしてはもちろん、悩みを持った人に寄り添い、相談に耳を傾けることが出来る占い師としての資質についても勉強することができので、自分の周りの大切なひとの背中をおしてあげることも可能となるのです。自分の手相や家族・友人の手相をみて、今後の人生や悩んだ時の指針にするだけでないんです。

手相鑑定師の資格取得後には、取得した実践的なノウハウを生かして占い師やインストラクター、また各種カルチャースクール等で講師活動を実際にされている方も多くいるんです。手相をみるという仕事の魅力は、年齢を問わないというところですよね。これまでの仕事から引退された方でも、新たな人生を踏み出せる資格なのです。

費用は10,000円で、受験するための資格は一切ありません。簡単に、気軽に始めることが出来るのもいいですよね。

2位 パームリーディングアドバイザー

名前をきいただけでは、なんのことかわからない聞いたことのない資格ですが、なじみがないだけで手相を英語訳するとパームリーディングです。「感情線、運命線、生命線、知能線、財運線、補助線など手相のそれぞれの線について、基礎的なところから応用的なところまで理解することで人の手相を占う知識をしっかりと身に付けた方に贈られる」のがこの資格です。

こちらも費用は10,000円で、2か月に1回のペースで試験が開催されているので、年に1度しかない試験と違って、自分のペースで勉強の期間と試験日を決めることができるのが魅力的。在宅での試験なので、他の趣味や仕事を忙しくされていて、そちらを優先しながらも、新たな趣味として取り入れたいという方にも。

3位 日本手相検定

「まず手相を見る基礎的な能力を判定する4級から、実際に手相鑑定士として活躍できるレベルの1級まで、その方の目的に応じて、あるいは段階的にステップアップをしていきながら身に付けられる」資格がこちらです。手相が実生活に生かせる、と思っていなかった方でも、基礎的な知識を学び、基本的な考え方を理解した上で、手相をみることができるようになると、つい自分の決めごとの後押しにしてみたり、家族や友人の力になりたいと思ってしまうものなのです。そんな知識を身に付けていくことができてしまう。

受験の費用は5,400円~12,960円まで、4級~1級を段階的にでも、3・4級を併願してでも受験することができます。東京/大阪と会場が選べるので安心ですね。

4位 手相セラピスト

相談者の手に触れて手相から感じることを伝えながら会話し、手相を診るという昔ながらの手相占いの手法に心理カウンセリングの手法を取り入れているのが心理セラピー。占いというよりも、統計学的な要素を用いた学問の一種として、持つ手相の生き方や考え方の傾向を踏まえてアドバイスをしていく新しいスタイルのカウンセリング。学校の保健室の先生など、人の身体や心に携わることが多い職業の方にもおすすめ。

基礎講座、本講座を受講し、ロープレ面接を受けると公認手相セラピストとして認定を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です