手作り石鹸資格人気ランキング

手作り石鹸

SHARE

手作り石鹸資格人気ランキング

女性を中心に人気の趣味として広まっているものが、手作り石鹸です。石鹸作りは昔から行われていたことですが、最近の手作り石鹸は、肌の弱い人のために作られたオーガニック石鹸や、見た目がキュートで飾って楽しんだりプレゼントにもぴったりの美しい色合いの石鹸など、作り手の個性が発揮される石鹸がブームとなっています。

最近は肌に優しい石鹸で保湿をしたい、不必要な成分が配合されている石鹸は使いたくない、といった考えから、肌に優しく、かつ見た目も可愛い石鹸が大人気。手作り石鹸のプロとして活躍しているという人も多いのです。

また自分で石鹸を作るメリットとして、好きな香りや固さ、泡立ちなど自分好みの配合が思いのままということも特徴です。リラックス効果のある香りを配合すれば使うたびに心地よい気分に満たされますね。

一方で石鹸作りはコツがありますし、手作り石鹸に使用することがある「苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)」は劇薬指定がされている薬品のため、使い方にも注意が必要になります。

石鹸作りを始めてみたいけれど、何から準備をしてどうやって始めたら良いのか分からないという人は、通信教育での学習をお勧めします。通信教育ですと初めに必要な材料が全て配送されますので、届いたその日から石鹸作りを始める事ができます。また学習の成果として資格を取得することで、周囲との差別化も図れることから、販売を考える人には有利なものとなります。

今回は手作り石鹸資格の人気ランキングを紹介します。

1位 コールド・プロセスソープマイスター

主催団体:日本デザインプランナー協会

コールドプロセスソープ資格のコールド・プロセスソープマイスター認定試験

デザインなどアーティスティックな認定資格を多く主催している日本デザインプランナー協会は、手作り石鹸の知識と技術を有しているという認定として、コールド・プロセスソープマイスター認定試験も行っています。

手作り石鹸の基本から石鹸の色つけ方法や石鹸作りのレシピなどが試験で問われますので、自分の石鹸をサイトで販売したい、と考える人に好評の資格となっています。

2位 手作り石鹸インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/sekken/

手作り石鹸で収入を得たいと考える人は、石鹸の販売をすることでしか道はない?日本インストラクター協会が認定する資格は、手作り石鹸の作り方を指導する「インストラクター」としての道も拓けます。自宅で手作り石鹸の講習会を開いたり、カルチャースクールで講師として活躍する事もできますので、活動の幅も広がることでしょう。

3位 マスター・ソーパー

主催団体:ハンドメイド石けん協会

ハンドメイド石けん協会が認定するマスター・ソーバーの資格は、協会の運営を担う資格です。そのため受験資格は会員であること、マスター・ソーバー以前にシニア・ソーバーとしての3年以上の経験や講習会を30講座以上開講していて、さらに理事会の推薦も必要となりますので、資格を取得するまでにかなりの時間と費用(年会費など)が必要となります。

マスター・ソーバーになればどのレベルでの講習を開催することができると言われますので(シニアやジュニアなどの順位があります)、講師を目指す人にはお勧めの資格です。

4位 シニア・ソーパー

主催団体:ハンドメイド石けん協会

ハンドメイド石けん協会は、ホーム・ジュニア・シニア・マスターといったレベル分けを行っているそうです。シニア・マスターは上から2番目の資格で、こちらも会員であること、ジュニア・ソーバーとして2年間の経験があることなどが条件で、推薦や認定も毎年1回だけ行われると言われます。

少し壁が高く感じるかもしれませんが、石鹸作りが好きで、誰かに技術を教えたいという人にはぴったりの資格かもしれません。

5位 犬の石けんマイスター

主催団体:ハンドメイド石けん協会

ペットである愛犬のための手作り石鹸が作れる、ということを認定される資格です。大切な家族である犬の特性に合わせた石鹸作りを楽しんだり、ペットショップといった動物と関わる職業の人にも人気の資格です。

まとめ

手作り石鹸資格人気ランキングを紹介しました。石鹸作りは意外と奥が深い世界です。興味がある人は通信教育で学習を初めて、資格を取得してみませんか?
コールドプロセス手作り石鹸  コールドプロセス手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です