手作りパン資格人気ランキング

パン

SHARE

手作りパン資格人気ランキング

パンの焼ける香りって、幸せの香りがします。パン屋さんの近くを通りかかると、ふわっと香ってくる焼きたてのパンの香り。自宅でもおいしいパンを作れたら良いですね。最近ではパンを手作りするのが趣味という方も多いです。家族に美味しくて健康的なパンを焼いてあげられたらステキです。

パンを作ってみたいけれども材料がない。レシピ本を見ながら作ってみたけれども、どうもうまくいかないという方は、基本から学んでみませんか?

また、パン作りのレパートリーをもっと増やしたい、もっとおいしいパンを焼いてみたい方は、資格取得を目指して学ぶことで、よりステップアップしてみませんか? ここでは手作りパンに関する資格を集めてみました。ランニング形式で紹介していきます。

1位:手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは、手作りパンの中でも、健康と関連した知識や技能が十分にあることを証明する資格です。パンと言っても、大手メーカーが格安で販売しているパンから、栄養価の高い粉と天然の酵母で作られたパンまで様々です。

手づくりパン健康ソムリエは、パンに使われる素材や、それらが身体に対してどのように影響を与えるかまでの知識が問われます。パンに使われる粉には、代表的なもので小麦粉から作られた強力粉があります。それ以外にもライ麦粉や米粉などが使われます。

作りたいパンに合わせて、適切な粉を選び、その粉が持つ特徴を理解して、美味しいパンを作り上げていく知識や技能が必要です。パンを膨らませる素材としては、イーストが良く知られていますが、天然酵母やサワードゥなどがあります。これらの特徴や扱い方を習熟し、健康に役立てていける資格です。

2位:パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーは、パンの種類や製法などについて幅広い知識を持ち、適切な提案ができることを証明する資格です。資格取得後は、ベーカリーをはじめとする飲食店のアドバイザーとなって、パンやメニューの提案をしていくことができます。パン作りにかかわる職業の方が取得することが多いだけではなく、一般の方でパンが好きな方が、知識や教養を高めたいと取得することも多い人気資格です。

3位:おうちパンマスター

おうちパンマスターは、初心者でも挑戦できる認定資格です。おうちパンに定められた9種類のパンの材料やレシピ、手順をマスターし、試験に合格することで取得できます。おうちパンは、普通のパンと違って、忙しくて時間がない方や初心者でも失敗なく作ることができるレシピになっています。

難しい発酵や、成形のテクニックの必要がなく、作った生地は冷蔵庫でしばらく保管できるなど、毎日が忙しい主婦にはうれしい工夫がたくさんあります。資格取得後にはおうちパンを広めていく活動をしていくことができます。

4位:パンアドバイザー

パンアドバイザーは、食文化としてのパンを、より楽しみながら普段の生活に取り入れていくことで、豊かな生活へと導く資格です。パンを作るだけではなく、パンを売る人やパンを食べる人までを対象とした総合的なパンに関する知識が必要とされます。タレントの小倉優子さんが取得したことでも有名です。

小倉さんは、お子さんが生まれて、子どもに美味しくて安心できる素材で作られたパンを食べさせてあげたいと思ったのだそうです。そこで、パンを作るにも、パンを買うときにも、どのような素材やパンを選んだらよいか、基本から勉強したそうです。資格取得後は、家族や自分のためだけではなく、飲食店などでも幅広く活躍することができる資格です。

5位:パンコーディネーター資格

パンコーディネーターは、パンを食べる、活用することができるプロフェッショナルであることを証明する資格です。パンコーディネーターは、パンの製造を除くパンの素材や製法などの幅広い知識が必要になります。公益財団法人日本生涯学習協議会の監修、認定を受けた資格です。パンの種類は驚くほど豊富ですが、料理に合わせたパンの選び方や、シチュエーションによって求められるパンの違いについて理解し、適切なアドバイスができる資格です。

6位:パンシェルジュ検定

パンシェルジュは、パンの歴史や衛生なども含めた幅広い知識を持って、この奥深いパンの世界を案内していける人であることを証明する資格です。パンを食べる時のマナーや、パンの保存方法といった知識までが必要とされます。料理によって合わせるパンについて提案できるような資格ですので、取得後はホテルのメニューの提案などをすることができます。
手作りパン資格 手作りパン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です