広告作成のスペシャリスト!DTPデザイナーについて

shikakusyutoku

SHARE

広告作成のスペシャリスト!DTPデザイナーについて

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、写真やイラスト、テキストなどを使ってレイアウトし、広告や書籍の誌面などを作成する職業です。基本的に印刷物関連の企業で活躍することができる職業です。

DTPデザイナー 難易度・就職・仕事の内容・年収など

そんなDTPデザイナーですが、DTPデザイナーに関連する資格としてDTP検定があります。DTP検定にはⅡ種とⅢ種があります。Ⅱ種の合格率は約33%で難易度としては、やや難しい。Ⅲ種の合格率は約64%で難易度としてはやや簡単といえます。

このDTP検定を取得しての主な就職先として、印刷業界や出版業界、広告業界など、印刷物を取り扱う企業が挙げられます。その場合の仕事内容は、広告や誌面のデザインやレイアウトを行うことになります。また、DTP検定は再就職の際にも非常に役立つ資格です。

DTPデザイナーの年収は300万円から400万円ほどとなります。

DTPデザイナー 受験資格・試験内容・合格基準など

DTPデザイナーに関連する資格、DTP検定の受験資格は、Ⅱ種、Ⅲ種ともに制限は設けられていません。そのため、どのような人でも受験することが可能です。

Ⅱ種はDTP全体を通してマネジメントの知識を深める事ができるディレクションDTP、Ⅲ種はビジネスシーンに特化したビジネスDTPという風に分けられているため、試験内容もⅡ種とⅢ種で大幅に異なります。Ⅱ種では紙面構成の決定や原稿発注、フィルム印刷の発注など、発注に関係した知識を問われる問題が出題されます。Ⅲ種ではレイアウトデータ作成や写真画像データ作成依頼など、作成に関係する知識を問われる問題が出題されます。

合格規準は、Ⅱ種Ⅲ種ともに70%以上の得点で合格となります。

DTPデザイナー 通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー DTPデザイナー講座

ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座は、DTPデザイナーにとって重要なソフトであるIllustratorとPhotoshopに加え、出版、印刷業界では必須のDTPソフトInDesignを学ぶこともできます。

2位 ヒューマンアカデミー グラフィックデザイナー講座

ヒューマンアカデミーのグラフィックデザイナー講座は、DTPデザイナーに必要となるIllustratorとPhotoshopの二つのソフトについて学習をすることができます。学べる知識は初心者向けの基本操作から、ある程度理解できている人向けの応用テクニックまで幅広く取り上げられています。

3位 デジハリ・オンラインスクール Indesign講座

デジハリ・オンラインスクールのInDesign講座は、出版業界や印刷業界で必須のソフトであるInDesignについての知識を学習をすることができます。学習範囲は基礎的な部分となるので、出版業界や印刷業界を目指す人やInDesignを始めたい人など、初心者の人におすすめです。

4位 デジハリ・オンラインスクール Illustrator・Photoshop講座

デジハリ・オンラインスクールのIllustrator・Photoshop講座は、DTPの基礎となるグラフィックについて学ぶ事ができます。使用するソフトはIllustratorとPhotoshopで、基本操作から応用テクニックまで幅広く学習することができます。初心者からスキルアップを目指す人にもおすすめです。

まとめ

広告や誌面などのデザイン、レイアウトを行うDTPデザイナー。広告は企業が宣伝を行う上で主流となるものです。そのような重要なツールのデザインを行うため、非常に責任のある仕事ではありますが、多くの人の目に触れるものでもあるため、非常にやりがいのある仕事なのではないかと思います。また、ソフトの操作などの技術も問われますが、デザインのセンスなども問われます。まず、ソフトを操作する技術などをしっかりと学び、その後経験を積んでセンスを磨いていくのがいいかと思います。

さらにデザイン面だけでなく、編集などの作業もできるようになると、任せられる仕事内容も増えると思いますので、スキルアップを目指していくのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です