広告や雑誌をデザイン!グラフィックデザイナーについて

shikakusyutoku

SHARE

広告や雑誌をデザイン!グラフィックデザイナーについて

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、広告や雑誌の表紙、ポスターなどの印刷物のデザインを主とした職業です。ただインパクトのあるデザインを作るだけでなく、広告や雑誌など、使う場所に応じたデザインを作成する必要があるため、様々なデザインを作成できる必要があります。

グラフィックデザイナー 難易度・就職・仕事の内容・年収など

グラフィックデザイナーになるためには、特に必要な資格はありません。ですが、デザインのセンスや色彩の知識などが必要になってくるため、難易度としては人によっては難しいかもしれません。

そんなグラフィックデザイナーとして就職する場合、主に広告業界や出版業界への就職になります。このような企業へ就職した際の仕事内容としては、印刷物のデザインの作成になります。デザインを作成するセンスも必要ですが、広告や雑誌など使う場所にあったデザインを作成する必要があるため、デザインについての幅広い知識が必要になります。また、クライアントの依頼内容を的確にデザインに反映させる必要もありますし、クライアントの依頼内容に合ったデザインが完成するまで何度も修正をする根気強さも必要になります。

グラフィックデザイナーの年収は300万円から400万円ほどですが、独立などをすると、年収は変わってきます。

グラフィックデザイナー 受験資格・試験内容・合格基準など

グラフィックデザイナーに関する資格は様々あります。

まず、色彩に関する色彩検定です。色彩検定には受験資格はなく、誰でも受験でき何級からでも挑戦が可能です。

試験内容は、色について問われる問題はもちろんですが、光に関する問題も出題されます。また、色と人間のかかわりについても出題されます。合格基準は満点の70%以上の得点で合格となりますが、試験により多少前後します。

そしてグラフィックデザイナーは、Illustratorなどのイラストを描くソフトの知識も必要になります。そこで、Illustratorクリエイター能力認定試験というものもあります。Illustratorクリエイター能力認定試験にも受験資格は設けられていません。試験内容はIllustratorの操作に関する知識を問われる問題や、Illustratorを用いた作品の制作などで、実技の学習もしておく必要があります。合格基準は実技科目で65%以上の得点、実践科目で70%以上の得点で合格となります。

グラフィックデザイナー 通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー グラフィックデザイナー講座

ヒューマンアカデミーのグラフィックデザイナー講座は、グラフィックデザイナーがよく使用するIllustratorとPhotoshopの操作を学習することができます。6枚のDVDによる動画での学習なので、効率的な学習ができます。

2位 デジハリ・オンラインスクール Illustrator・Photoshop講座

デジハリ・オンラインスクールのIllustrator・Photoshop講座は、IllustratorやPhotoshopの操作を33時間に及ぶ動画で学習することが可能です。また内容は実際にポスターなどを作成するため、実践的なスキルが身に付きます。

3位 デジハリ・オンラインスクール カラー・レイアウト講座

デジハリ・オンラインスクールのカラー・レイアウト講座は、グラフィックの論理的な考え方などを学ぶことができます。色彩検定を受験しようと考えている場合にはおすすめの講座です。

4位 ヒューマンアカデミー DTPデザイナー講座

ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座は、IllustratorとPhotoshopに加えDTPソフトのInDesignの操作も学ぶことができます。広告業界などへの就職を目指している人におすすめです。

5位 デジハリ・オンラインスクール 3DCGベーシック講座 初級 レンダリング編

デジハリ・オンラインスクールの3DCGベーシック講座 初級 レンダリング編は、3DCGモデルの作成を学ぶことができる講座です。広告やポスターなどでも3DCGが使われる場合は多くあります。そのため、スキルアップのために学習することがおすすめです。

まとめ

広告業界や出版業界で活躍するグラフィックデザイナー。グラフィックデザイナーの主な業務はデザインを考えることですが、その中でも、色彩についての知識が必要になったり、イラスト作成ソフトの操作知識が必要になったり、さらには3DCGの知識と、非常に幅広い知識が必要になります。またコンピューターに関する専門的な知識も必要なので、グラフィックデザイナーとして一線で活躍しようと考えると、かなりの努力が必要になるのではないかと思います。

ですが、広告やポスターなどは非常に人目に付きやすいものですし、見た人に影響を与えるものでないといけません。そのような多くの人に見られるものを作成する仕事は、非常にやりがいのある仕事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です