広告から電子書籍まで幅広く活躍!InDesignについて

shikakusyutoku

SHARE

広告から電子書籍まで幅広く活躍!InDesignについて

InDesign・電子書籍

InDesignは、広告やポスターなどを制作する際によく使用されるソフトです。また、近年普及してきた電子書籍を作成する際にも使用されます。そのため幅広い企業で使用されているソフトだといえます。

InDesign・電子書籍 難易度・就職・仕事の内容・年収など

InDesignを使用してのポスターや広告、電子書籍の作成には、InDesignの操作方法をしっかりと身につけておく必要があります。しかし、企業だけでなく個人でも使用できるソフトなので、難易度はそれほど高くはありません。

このInDesignの知識を身につけての就職先としては、デザイン業界が主になります。そして、電子書籍に参入している出版業界も挙げられます。

そこでの仕事内容は、クライアントからの依頼を受けての、ポスターや広告のデザインの作成になります。クライアントの依頼内容を取り入れながらも、人目に付きやすいもの作成しなければならないため、センスも必要となってきます。

このような仕事の場合の年収は、およそ370万円ほどになります。

InDesign・電子書籍 受験資格・試験内容・合格基準など

InDesignに関する資格には、アドビ認定エキスパートというものがあります。このアドビ認定エキスパートは、InDesignを発売しているアドビのソフトに関する知識を有していることを証明する資格です。

このアドビ認定エキスパートは、受験資格は設けられていません。そのため、だれでも受験することが可能です。

アドビの様々な製品についての試験が行われますが、製品別で個別に受験することができるため、自分に必要なものだけを受ける事ができます。

InDesignの試験内容は、ドキュメントのレイアウトやテキストを使用した作業、
表を使用した作業などデザインを作成するうえで基本となる知識が問われます。また、長いドキュメントの作成と操作やメディア間での読み込みといった、より実践的な知識まで問われます。幅広い学習が必要になります。

合格基準は、69%以上の得点で合格となります。この合格基準は製品によって変わります。

InDesign・電子書籍 通信講座ランキング

1位 デジハリ・オンラインスクール InDesign講座

デジハリ・オンラインスクールのInDesign講座は、InDesignの基礎を学ぶことができます。実際に作業をしながら学習を進めていくので、実践的な知識やスキルが身に付きます。また、非常に楽しみながら学習できます。

2位 ヒューマンアカデミー Adobe InDesign講座

ヒューマンアカデミーのAdobe InDesign講座は、動画を通しての学習ができる講座です。動画なので非常に分かりやすく、効率的に学ぶことができます。またInDesignの基礎から応用的な使い方まで学べるので、初心者だけでなく、スキルアップを目指す人にもおすすめです。

まとめ

広告やポスターのデザインは非常に人気の職業です。自分の思いのままにデザインが作成できるようになると、楽しみを感じることができるようになるからだと思います。そして、広告やポスターは人から見られるためのものなので、最も人目に付く仕事であるとも言えます。苦労して作り上げたものが多くの人に見られるため、自分にしかできない仕事であり、非常にやりがいを感じる事が出来るのではないかと思います。

またデザインの仕事では、ソフトの操作などの習得だけでなく、センスなども問われる職業です。そのため一線で活躍するには、経験なども必要になり、活躍できるまでには苦労すると思いますが、しっかりと知識をつけて、活躍してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です