幼児食資格人気ランキング

幼児食資格

幼児食資格人気ランキング

今回は「幼児食」の資格ランキングについてまとめました。大人の食事に関わる資格とは違い、幼児の「食事」について理解し、成長へどのような影響を与えるかも学びます。我が子の食事を支えるために資格を取得したい人、開業したい、飲食店で幼児向けのメニューを提案したい人など、家庭で役立つために・仕事の幅を広げるために資格を取得する人が増えているのです。

人気の理由や、資格ごとのポイントや学ぶ内容について理解し自分に合った資格を選びましょう。

1位 幼児食マイスター

一番人気なのが「幼児食マイスター」です。この資格は、子供の成長に合わせた献立を作ることができるようになります。栄養バランスや離乳食の作り方、離乳食の時期など幼児食についての多くの知識を得ることができます。我が子の子育ての際に、役に立つからと資格を取得する人が増えているのです。子供の成長に合わせ、上手に筋肉や骨を発達させる食事。さらには重度のアレルギー症状の「アナフィラキシーショック」の予防策や対応術についても学ぶことができます。

資格の取得方法は、インターネットで試験を申し込み合格しなければいけません。得点率が70%以上で合格・資格取得となります。受験資格がないため独学でも試験に受けることができます。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、子供の成長に合わせた食事の取り方について詳しく学ぶことができます。エネルギーとなる栄養素・身体をつくる栄養素・身体の調子をとる栄養素。この三色栄養素がバランス良くとれる献立を提案することができます。そして季節に合わせた献立、幼児が摂取すると良いとされている食材を使った献立なども組むことができるのです。「クリスマス」「節句」「正月」などイベントごとの食事・献立を提案し人に教えることができるので仕事の幅が広がってくるのではないでしょうか。

資格の取得方法は、インターネットで試験を申し込みます。そして得点率70%以上で合格・資格取得となります。「幼児食マイスター」同様に受験資格はないため独学でも受けることができます。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターとは、幼児が摂るべき食材や献立の作り方など「幼児食の基本」を学ぶことができます。それだけではなく、子供の食と成長や発達の関わりについて、アレルギーや病気時の食事についての対処の仕方についても理解することができます。

この資格を取得すると、セミナーを開き講師として活躍できるようになります。資格を提示することにより、セミナー受講者が信頼し話を聞くことができるのです。資格取得後はアドバイザーとしてお仕事される方が多いようです。

資格を取得するためには、幼児食インストラクターの認定教育機関が行っているカリキュラムを修了する必要があります。その後、試験問題が自宅に発送され得点率が70%以上ならば合格・資格取得となります。

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは幼児食の基本や成長に必要な栄養素を考え、献立を作ることができるようになります。乳幼児の体の成長・仕組みやアレルギー症状が出たときの対処法など、実際の子育てでも役に立つ情報を学ぶことができます。幼い子供たちが「楽しい食事」ができるように考え、提案することが大切です。そのためにも、幼児食の基本・食事の色合いなど正しく学んでいきます。

幼児食アドバイザーは、我が子の子育てで活用できるのはもちろんです。そのほかにも「保育士」でこの資格をもっていると、的確に食事についてアドバイスすることができます。栄養士や飲食店勤務でも、幼児向けメニューを考えることができます。
資格を取得するためには、「幼児食アドバイザー養成講座」で6か月の期間内に課題を提出し合格することが必要です。試験もなく、自宅で資格取得することができるため幼児食アドバイザーを取得する人が増えています。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターは「一般社団法人 資格支援能力復興協会」が認定する資格です。子供の食事の栄養について詳しく知り、実際に献立を作ることができ「子供の食育のスペシャリスト」となることができます。子供運動と栄養の関わりや、子供の成長と食育について深く理解することが必要です。保育士やスポーツのコーチなどはこの資格をとるとさらにスキルアップになり、的確にアドバイスをしてあげることができます。我が子の食事の献立に役立てるのはもちろん、現在の仕事の手助けにもなるのではないでしょうか。
資格を取得するためには、子供食育健康管理コーディネーターの通信講座を受講し修了することが必要です。その後、試験を受け合格すると資格取得となります。
幼児食  幼児食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です