幼児食マイスター認定試験口コミ評判

幼児食資格

SHARE

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

乳幼児にとっての食事は、大人の食事とは少し意図が違い、食べ物の味を覚えたり、食習慣の基本を作ったりするとても大切な時間です。

成長に合わせた食の切り替えを上手に行うことで、子どもが食に対して興味が湧き、健康的に成長していく事ができます。

幼児食マイスターの認定試験を受けることで、どんな知識を身に付ける事ができるのか、どんな試験なのかという口コミや評判をご紹介したいと思います。

≪幼児食マイスター認定試験とは?≫

JSFCA日本安全食料料理協会が認定試験を行っている資格の一つになります。

幼児食への理解だけではなく、子供の成長に合わせた適切な食材選び、実際にどのような調理をすれば良いのかを説明できる能力や、離乳食から幼児食に変える時期や、幼児食に向いている食材など、子どもの成長に合わせた食事方法や栄養バランスを考えた献立を作る事ができる資格です。

幼児食マイスターは離乳食から幼児食、一般的な食事に辿り着くまでを学ぶことができます。

幼児食に関する知識が最も必要となり、子どもの身体の作りを理解した上で、脳・神経細胞・骨・筋肉などの成長を意識した食事や、じんましんなどの皮膚への症状を起こすアナフィラキシー症状の予防・対策を身に付けるなど、適切な対処が求められます。

≪幼児食マイスター認定試験の口コミ評判≫

実際に幼児食マイスター認定試験の口コミ評判を見てみましょう。

・自分の子どものために資格を取得した

・母親になる準備として資格を取得した

・父親として幼児食マイスターの資格を取得した

・孫や兄弟の子どものために資格を取得した

実生活で役立てる事ができるという点で、高評価を得ているようです。

中には教育現場で働いている方が取得し、実施の現場でアレルギー対応などをすることができたということもあり、実体験として役立たせることができたようです。

食事の面に関してはある程度の独学で学ぶことができるかもしれませんが、アレルギー対応などは専門的な知識が必要となるため、このような資格を持っていることで、今後の就職や現在の職場でも大いに活躍する事ができます。

≪幼児食マイスターの仕事≫

幼児食マイスターはレシピを自ら考案できる資格でもあります。

SNSを活用している方が多い昨今では、ブログで幼児食のオリジナルレシピを紹介している方もいます。

幼児食には向いている食材とそうでない食材があるので、栄養素の理解・子供に与える影響・最適と思えるレシピの考案というオリジナルレシピを考える事ができるのも、幼児食マイスターの魅力の一つだと言えます。

また、教育現場では必ず食事の場面があり、きちんとした知識があることで正しい食育を子どもに提供する事ができますので、現場で働いている方にぜひとも取っていただきたい資格だと感じました。

≪幼児食マイスター認定試験日程と費用≫

JSFCA日本安全食料料理協会の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、育児や仕事で忙しい方も安心して受ける事ができます。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「湿疹や赤み、かゆみといった症状に対するケアや原因の特定」といった専門的な知識について、しっかりと押さえておくとよいでしょう。

≪まとめ≫

乳幼児にとって食事とはどれほど重要なことなのかを学び、きちんとしたアレルギー対応を学ぶことで、教育現場で働いている人の強みとなり、また、子育てをしていくうえでもその知識を活用する事ができます。

食事によって身体だけでなく心も成長していきますので、たくさんの子ども達が正しい食生活の中で健康的に育っていくことが望ましいと感じました。
その手助けをする事ができる、幼児食マイスターの資格を取得して、子ども達の健やかな成長を守っていただきたいと思います。
幼児食  幼児食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です