就職・転職に有利な登録販売者になるための通信講座

shikakusyutoku

SHARE

就職・転職に有利な登録販売者になるための通信講座

登録販売者とは

登録販売者は、一般用医薬品の販売をするために必要な国家資格です。薬剤師に次ぐ薬の専門家と言われており、一般の薬を扱える人が増える事で様々な場所で薬を販売する事ができるようになりました。

販売だけでなく、取り扱いできる薬についてはお客様のご相談に乗る事もあります。そのため、資格を活かして働く場合には専門的な知識と責任感が必要となります。

薬剤師との違い

apothecary-437743_640

薬と関わるという点では薬剤師資格と近い部分もありますが、取り扱いのできる薬の種類は大きく違います。まず。処方箋に基づいた調剤に関する業務は、薬剤師に飲み許されています。また、OTC(一般医薬品)の中でも第一類医薬品に分類されるものは薬剤師しか販売ができません。

登録販売者の就職先

drugstore-679851_640

これまで薬は薬剤師などの資格がないと販売ができなかったので、薬剤師不足により薬の販売がしづらくなっていました。しかし、登録販売者の資格が出来た事で多くの薬が販売できるようになりました。

登録販売者は、薬剤師不足を補う人材としてドラッグストアホームセンターコンビニなどが主な就職先になります。大手スーパーなどでも薬の取り扱いが始まっている場合もあり、こちらにも活躍できる場があります。

受験資格・試験内容・合格基準

test-986935_640

年齢、性別、実務経験などの制限なく、どなたでも受験が可能です。実務経験の有無により、登録してすぐに行える業務内容に差はありますが、資格の取得には影響ありません。

試験内容は5科目に分かれており、それぞれで3.5割以上、全体で7割以上の得点が合格ラインと言われています。合格率は45%程度と比較的取りやすい資格といえます。

登録販売者試験合格のための通信講座ランキング

1位 キャリアカレッジジャパン

2位 ヒューマンアカデミー

3位 ユーキャン

1位 キャリアカレッジジャパン

短期間で確実に合格したい方におすすめの講座です。試験不合格の場合の返金制度があるので、チャレンジしてみたいけれど価格面で不安がある場合にも安心して受講できます。資格取得後の就職サポートも充実しているので、この資格で転職したいという先の事まで見据え、モチベーションを保った取り組みが可能です。

2位 ヒューマンアカデミー

大体半年で合格を目指す事のできるプログラムになっており、こちらも不合格時に条件付きの返金制度のある講座です。添削指導とDVD講義により、まったくの初心者から登録販売者資格取得を目指します。試験の出題傾向を押さえた問題集に定評があります。

3位 ユーキャン

標準期間は8ヶ月と他と比べるとやや長めに設定されていますが、全7回の添削と弱点の発見ができるので、働きながらじっくり取り組みたい方や、急ぎではなくのんびり勉強したい方におすすめです。スマートフォンを使った学習システムが充実しています。

まとめ

登録販売者は、国がセルフメディケーションを推進する中で生まれた資格なので、比較的新しい資格です。そのため、まだ持っている人がそれほど多くありません。これから先少しずつ取り扱える薬が増えてくるような傾向があるようですが、まだまだ人手不足な分野なので資格を取ればすぐにお仕事につなげやすい資格といえます。医療分野全体に言える事ですが、日本全国どこへ行ってもニーズがある点は、場所に縛られずにはたらきたいという方にも合っているのではないでしょうか。引っ越しなどライフステージの変化があった場合も生活に合った働き方を選びやすい点も魅力です。受験資格が特に設けられていない資格なので、今まで他のお仕事をしていた方でもチャレンジ可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です