専門学校に行かなくても保育士になれる!通信講座について

shikakusyutoku

SHARE

専門学校に行かなくても保育士になれる!通信講座について

保育士とは

保育士になるためには保育士の専門学校に行くイメージがあるますが、保育士試験を受験すれば専門学校に行かずとも保育士になる事が可能です。

普通であれば専門学校で習うものを自力で学習しなければならないので楽ではありませんが、別の道から保育士になりたいと考えた場合には試験を受ける方が近道な場合があります。

現在保育士の不足は大きな問題になっており、人手不足が深刻な分、資格を取ればすぐにお仕事に活かす事ができます。

保育士の仕事

pianist-908030_640

保育士の就職先は、保育園だけではなく、保育所や児童更生施設、児童養護施設、助産施設など多岐にわたります。

求人は多くありますが、人気のある効率の認可保育園で働くためには各自治体で行われている保育士採用試験に合格する必要があります。知識に加え公務員としての適正も必要です。一方、民間の保育園の場合はそれぞれの施設の基準に従って採用が決まります。

受験資格・試験内容・合格基準

book-791884_640

保育士試験の受験には条件があります。受験資格の規定は大学、短大の卒業や専門学校の卒業、実務経験などがあり、大学、短大、専門学校に関しては保育と関係ない学科を卒業していても受験資格があります。

試験科目が9科目あるため、2日に分けて筆記試験が行われ、筆記試験に合格すると実技試験があります。絵を描く事やお話、弾き語り(ピアノ、アコーディオン、アコースティックギターのいずれか)まで様々な事ができなければいけません。筆記試験の合格ラインは大体6割程度で、合格率は10~20%と大変難しい試験である事が伺えます。

保育士試験合格のための通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー

2位 四谷学院

3位 ニチイ

1位 ヒューマンアカデミー

標準6ヶ月というかなり短い期間で初心者からの保育士試験突破をめざすコースです。また、三年間のサポートがあるため、今年受からなければ!というプレッシャーが少なくすみます。無駄無く効率の良い学習プログラムに加え、5回のセミナーに無料で参加する事が出来るので、通信講座だけでは不安という方にもおすすめできます。

2位 四谷学院

業界の権威が監修したという講座と、四谷学院独自の55段階学習システムという大きな特徴があります。全カリキュラムを55のステップに分けてすこしづつクリアしていく事で、6割弱という非常に高い合格率を誇っています。就職支援があるのも特徴です。標準期間は8ヶ月程度ですが、一日45分位という少なめの学習スケジュールになっているので、ご都合に合わせて短縮も可能です。

3位 ニチイ

こちらも6ヶ月で試験合格を目指せるようになっています。受講期間の最大期限は12ヶ月なので、集中してしっかり合格したいという方はこちらが良いかもしれません。スマートフォンで学習出来るアプリが特徴で、隙間の時間を使った試験対策が可能となっています。全国模試、質問システムなどのサポートも充実しています。

まとめ

全く関係ない学科を出ていても、専門学校に通わなくても、保育士試験さえ突破出来れば保育士になる事ができるとは意外です。受験資格はありますが、それほど高いハードルではないように見えます。不本意ながら他の道に進みかけてしまった方も、通信講座をうまく活用して保育士の道に進み直す事は十分可能といえるでしょう。端から見るとピアノを弾きながら歌う実技試験というのがなかなか難易度の高い問題に見えますが、ギターでも良い、という事なのでギターの覚えがある方ならチャンスがあります!また、ピアノが弾けないから、不器用だから…といってもそれほど複雑な事を求められる訳ではないので、工夫次第でどうにでもカバーできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です