塩資格人気ランキング

塩

人の食生活に欠かせない、必須のミネラルの一つが塩です。塩とは人類の歴史上、重要な天然資源で、海水から作られたり、鉱山から岩塩として採掘されたりしています。

生命を維持するための重要なミネラルで、中国や朝鮮半島、日本では官製の専売という形式が主流だったほどです。 現在の食塩は、純粋な塩化ナトリウムですが、最近では天然塩の成分も含まれたものや、世界で採掘される岩塩なども流通しています。

1位:美塩ソムリエ

塩の結晶の大きさは様々で、粉状のものから、粒状のものまで種類は豊富です。美塩ソムリエは世界の岩塩や、天然塩、製法から採掘方法、産地、風味、塩化ナトリウム以外の成分や、色までも習熟した、塩の専門家です。塩にまつわる歴史やエピソードにも精通している必要がある民間資格です。

2位:食塩アドバイザー

食塩、つまり一般家庭で使われる塩は、主に調味料としての利用がほとんどですが、日本ではお清めの塩などの、催事にもよく使われます。飲食店では、縁起を担いで盛り塩なども利用されていますね。また料理では、仕上げの振り塩、焼き魚の化粧塩、魚の下味や魚料理の下ごしらえの薄い濃度の塩水を使うたて塩など、使い方も様々です。

また青野菜を煮た時の鮮やかな色味を強めるために、僅かに煮汁に塩を加える場合もあります。肉類では、塩は引き締める効果と肉汁を引き出すために使われたり、料理の重要な要素となっているのは間違いありません。また塩の利用には、バスソルトのように、入浴剤としても使われています。

湯船に塩を若干加えると、夏場などには発汗作用で代謝が促進すると言われ、保湿効果も期待できます。岩塩も含めた様々な食塩の利用方法をアドバイスできるのが、食塩アドバイザーの役割となります。

3位:ソルトマイスター

塩には、大きく分けて精製塩、再製加工塩、天然塩、自然塩、海水塩、岩塩、湖塩や粗塩などに分類されています。精製塩は一般的に日本では、表示に「食塩」と記載されたもので、海水から電気分解によって、ナトリウムイオンを抽出し、濃い食塩水を作り、それを煮詰めて結晶化した製品を呼称しています。

こうした精製塩や輸入した塩などに、後からミネラル成分やにがりを加えて出来るのが、再製加工塩です。精製塩と差別化を図るため、現在では海外の天日塩を使うことが非常に増えています。また古来の日本の塩の精製法である、塩田を使った塩も海水塩として現在では入手出来ることもあります。

岩塩は、アンデスのピンク色をしたローズソルトやヒマラヤ山脈などの岩塩などが特に有名で、火山や地質の成分によって、色や味に特徴のあるものが多いです。死海やカスピ海、ボリビアのウユニ塩湖、アメリカのグレートソルト湖などの湖塩は、生産量も少なく高級品として出回ってます、こうした日本や世界各地の塩の産地や種類、風味や色といった塩の特徴を熟知したのが、ソルトマイスターです。

4位:塩マイスター

日本も含めた全世界に流通する、様々な塩の種類や品質、保存方法から利用の仕方、調味料以外としての生活や美容にも応用できる塩の魅力を伝えるのが、塩マイスターの役割です。

それぞれの製品の特徴、産地の特徴、精製の方法や入手方法など、塩全般全てのことを熟知した民間資格です。料理教室以外に、美容アドバイザー、塩を使った健康法、あるいは美容に使える応用術などを習得し、塩の様々な魅力を伝えるのが、塩マイスターです。

5位:塩ソムリエ

日本国内で入手出来る国産塩から、海外から輸入された塩の種類、また特徴や味、色や形状、使い方のアドバイスから総評までもできるのが、塩ソムリエです。塩の種類に応じた様々な西洋料理、日本料理での使い方の例や、食材の旨味の引き出し方などの知識も必要となります。

塩と呼ばれシンプルなミネラルの潜在能力を知り、健康に寄与する正しい利用方法などを伝える重要な役割が塩ソムリエにはあります。近年の健康ブームで忘れ去られて来ている、塩本来の役割、正しい健康に維持するための正しい塩の摂取の仕方などを広くアドバイス出来るのが、民間資格の塩ソムリエの役割となります。
塩資格 塩資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です