在宅で手軽に働くなら!WEBライティングについて

shikakusyutoku

SHARE

在宅で手軽に働くなら!WEBライティングについて

WEBライティング

WEBライティングは、クラウドソーシングサイトなどで文章執筆を行う職業です。自宅にいながら作業ができるため、時間に制約のある主婦や企業で働くことが困難な人でも在宅で仕事をすることができます。また、現在企業に勤めている人でも副業として、隙間時間を使い副収入を得ている人もいます。非常に幅広い人が活躍しています。

WEBライティング 難易度・就職・仕事の内容・年収など

WEBライティングはパソコンさえあれば、どんな人でも始めることができるため、スタートの難易度は低いものの、最低限の文章力や表現力は身につけておく必要があります。

WEBライティングを行う場合、ほとんどが企業へ就職はせず、フリーランスとして個人で働くことになります。文章力が上がればライターとして企業へ就職することも可能です。仕事の内容は、クライアントから依頼を受け、条件にあった文章を執筆していくことになります。現在では様々なクラウドソーシングサイトがあり、発注者と受注者が簡単にやり取りできるため、そのようなサイトを利用して仕事を受注していくことが、最初の一歩になります。

年収はまさにピンからキリまでで、副業程度であれば、年収10万円から20万円ほどですし、しっかりと働けば一般的な会社員程度の年収になります。また、活躍の場が増えればさらに年収は上がります。

WEBライティング 受験資格・試験内容・合格基準など

WEBライティングを始めるのに必要な資格などはありません。しかしフリーランスとして働いていくには、実績や資格などでスキルを証明していくことが非常に大切です。そこで、スキルを証明するための資格にWEBライティング技能検定があります。

WEBライティング技能試験はインターネットに接続したパソコンがあれば、自宅からでも受験ができます。

試験内容は、選択式の問題と文章作成です。選択式の問題は、文章作成における基礎知識が問われます。文章作成は、指定された単語についての説明文を作成していきます。文字数や文体が指定されていたり、キーワードが設定されておりそのキーワードを文章に盛り込んだりと、様々な条件を踏まえつつ文章を作成しなければなりません。

WEBライティング 通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー WEBライティング技能検定講座

ヒューマンアカデミーのWEBライティング技能検定講座は、日本クラウドソーシング協会の公式テキストを使用しての学習ができます。WEBライターとして優先的に仕事を受注することができる、WEBライティング技能士の取得を目指すことができます。

まとめ

WEBライティングは、スキルさえ上がれば誰でも活躍することができる職業です。またどこででも仕事をすることができるため、就職をすることが難しい人でも働くことができる画期的な職業だと思います。

またインターネットやスマートフォンが普及し、WEBコンテンツが増えている近年では、WEBライターなどのWEBで活躍する職業の活躍の場は、さらに増えていくと思います。ですがその分多くの人がWEBライターを始めようとするため、しっかりと自分のスキルを証明し、他の人との差別化を図ることが、仕事の受注を増やすために必要なことだと思います。

そして、文章を書くことは企業などで働いていくうえでも大切なことなので、WEBライターで活躍しようと思っていない人でも、WEBライティング技能検定を取得しても良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です