在宅でも習得可能、ドッグトリマーになるための通信講座

shikakusyutoku

SHARE

在宅でも習得可能、ドッグトリマーになるための通信講座

トリマーとは

トリマーは、民間会社や団体によって定められた民間資格です。ペットトリマーは、動物のお手入れ一般を行う人という意味を持ち、ペットの毛をカットするなどのいろいろなお手入れをするお仕事です。免許がなくてもトリマーにはなれますが、技術は簡単に身に付くものではありませんし、お客様の大切な家族を預かるという責任重大なお仕事です。

トリマーになる事を最終目標にしていないという場合でもご自分のペットのお手入れをしてあげたい場合には非常に役に立つものですし、動物病院の助手を目指すためにも基本的なトリマーの知識が必要な場合があり、様々な場面で役に立つ技術を得る事ができます。

トリマーの就職先

puppy-1022421_640

トリマーとして就職する場合、カットの技術だけで仕事があるという事は非常に稀です。動物に関する様々な気遣いが出来る事や、接客の腕も必要となります。

様々な就職先が考えられますが、トリミング専門のサロン大型ショッピングモールにあるようなペットケア店、獣医師の補助ペットショップのスタッフ、珍しいものではドッグショーの専門スタッフや警察犬のケアスタッフといった職業もあります。

独立して開業するトリマーも多く、出張トリマーや在宅、自営業など様々なスタイルでの独立方法が見られます。新しいサービスの展開や、技術を極めたい場合などに独立を目指す方が多いようです。

受験資格・試験内容・合格基準

grooming-1018980_640

トリマー試験は、指定のカリキュラムを修了した人だけが受験できる試験です。ただし、年齢制限などはないので修了さえできればどなたでも受験が可能です。きちんとカリキュラムを修了していれば、不合格となることはそれほどないといわれています。

筆記試験と実技試験(教師になる場合は面接試験)を受験します。2級はプードルのラムクリップなど、1級ではプードルのテディベアカットなどが課題となります。

トリマー試験合格のための通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー

2位 IPCペットカレッジ

3位 日本ケンネルカレッジ

1位 ヒューマンアカデミー

在宅でトリマー試験を目指す事のできるプランです。入門として2級を目指したい場合と、独立を視野に入れて1級合格を目指す場合の2つのプランがあり、目標に応じて選択可能です。お家のペットのカットがしたい場合なら価格を抑えた2級のコースを受講すれば良いでしょう。また、2級の勉強をしている途中でやはりもっと上位を目指したい場合は編入できるシステムがあるので安心です。

2位 IPCペットカレッジ

ペット専門のスクールなので、ペットの事を知り尽くしています。左利き用のプログラムが用意されている事と、トリマーがアイカメラを装着して収録した映像講義も特徴的といえるでしょう。どんな姿勢でどこを見ればよいのか、臨場感たっぷりに学ぶ事ができ、実際にお仕事としてトリミングを行う場合に役立ちます。

3位 日本ケンネルカレッジ

こちらもペット専門のスクールです。初心者から初めて、約五ヶ月で動物看護士とドッグトリマーの両方の資格を目指すコースです。カットの技術だけではなく、看護に関する知識を得る事ができるので、信頼されるトリマーを目指す事ができます。

まとめ

トリマーの技術はスクールで習うしか無いように思っていました。専門学校に通うとなると莫大なお金がかかってしまう気がして尻込みしていましたが、実はトリマー技術も通信講座で学ぶ事ができ、各種スクールがノウハウを活かした通信講座を提供しています。実際の犬のカットはぬいぐるみで行うので、どのスクールでもかわいらしいぬいぐるみがセットされてくるのも魅力的です。がんばれば約半年程度で習得できるので、お家のペットのカットをしてあげたいという方にもおすすめです。また、どうしても難しい点や独立開業したいという場合には、スクーリングを行う事もできる通信スクールがあるのでそちらを活用する事で、実際に見ないと分からないという部分を解消する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です