和食資格人気ランキング

和食

ユネスコ無形文化遺産として登録され、ますます世界での人気が高まりつつある和食。海外でも和食専門のレストランも多く出店していますね。しかし本格的な和食を作る事は難しく、日本人でも和食作りを苦手としている人も多いのです。

和食が外国人から人気となる理由は、低カロリーでヘルシーな食事が多いという事からダイエットフードとして人気が高いことや、日本人従業員の接客態度が素晴らしい点、もちろん和食がおいしいから等、たくさんの理由があります。

最近では和食を作る事ができる女性はモテる、といった発想から花嫁修業として和食作りを習う女性も増えているとか。やはり簡単な炒め物よりも、手の込んだ和食を作る事ができる方が女性としてのポイントも高くなるのでしょうね。

料理教室は全国色々な場所で開催されていますが、最近では通信教育で学習をして資格を取得する人も多くなりました。通信教育ですと時間に追われがちな人でも学ぶ時間が取りやすくなりますし、料理教室のように分担作業がありませんので、作り方を完璧に自分のものにすることができるというメリットがあります。

また和食に関する資格を取得する事で、調理関係の仕事に活かす人も多く、注目を集めています。今回は和食資格の人気ランキングを紹介します。

1位 和食エキスパート

主催団体:日本安全食料料理協会

https://www.asc-jp.com/test/japanfood/

和食の基本となる知識や技術を持っているという事を証明する和食エキスパートの資格は、だしの作り方や煮物など、和食に欠かせない作り方を学んだ人に与えられる資格です。調理師の資格を持つ人がスキルアップのために、更なる学習をして取得する事が多い資格として人気を集めています。

2位 日本料理インストラクター

主催団体日本料理インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/nihonryouri/

日本食に関する知識と技術が一定のレベルに達している事を証明する資格で、季節それぞれの料理レシピを考案することができる人に与えられる資格です。資格取得後はインストラクターとして自分の得た知識を誰かに教える立場にもなれます。

3位 和食検定

主催団体:一般財団法人 日本ホテル教育センター

http://www.washokukentei.jp/about/

日本が世界に誇れる文化である和食。和食文化を正しく理解して、その知識を次世代に伝える事ができると認定された人に与えられる資格です。

レベルに応じて試験は異なりますが、初級では和食の初歩的な知識から、実務レベルとなると着付けやお客様に対するおもてなし、英会話のスキルや売り上げや原価計算などの高い知識が問われます。

4位 和食マイスター

主催団体:日本野菜ソムリエ協会

http://washoku-m.jp/contents/hp0003/index.php?No=13&CNo=3

和食マイスターは和食の基礎を習得した人に認定される「ジュニア和食マイスター」と、さらに和食の専門的な知識を習得して人に教える事ができる「和食マイスター」の2資格があります。(和食マイスターについては現在開講未定となっています)

和食の作り方もありますが、和食の歴史や文化を学び、和食での作法やマナーといった点を重点的に問われる事が資格の特徴となります。

5位 和食アドバイザー検定

主催団体:一般財団法人 日本実務能力検定協会

トップページ

こちらは同協会の「ジュニア和食アドバイザー」試験に合格し、修了試験に合格した人に与えられる認定資格です。栄養士や調理師、飲食業や食品製造業に従事している人に人気がある資格として注目されています。

まとめ

和食資格の人気ランキングを紹介しました。日本の伝統でもある和食について学習して、あなたも資格を取得して仕事や生活に活かしてみましょう。
和食資格講座  和食資格講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です