和菓子資格人気ランキング

和菓子

和菓子資格人気ランキング

和菓子資格は、和菓子職人を目指すほどの高いレベルのもの・和菓子の基本や作り方を覚えることができる資格まで幅広くあります。和菓子製造を仕事として出来るようになる資格よりも、比較的簡単に取得できるものが人気になっています。普段の生活で役に立つことがあり、子供がいる方は喜ばれる和菓子を作れるようになるのではないでしょうか。

今回は和菓子資格人気ランキングをまとめました。資格ごとのポイントや内容を理解し、自分に合った資格を見つけましょう。

1位 和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマイスターは、「JSFCA(日本安全食料料理協会)」が主催するものです。さまざまな和菓子の種類や、分類方法、材料など和菓子の基本を学ぶことができます。さらに生菓子と半生菓子の違い、上白糖や三温糖など材料について正しく理解することが必要です。和菓子を作るときの道具の正しい使い方、全国の日本郷土菓子についてなど和菓子についてより詳しく勉強していきます。

資格を取得すると和菓子作り、和菓子が好きな人のスキルアップになるのではないでしょうか。家庭で楽しむ、和菓子について詳しく知りたい人などに人気の資格となっています。

資格取得の方法は、インターネットで試験を申し込みます。70%以上の得点率で資格取得となります。受験資格は特に決められていないため、独学でも試験を受けることができるのです。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターは、「JSFCA(日本安全食料料理協会)」が主催するものです。和菓子の基本だけでなく、郷土菓子について深い知識が学べます。和菓子が誕生した歴史や日本郷土菓子の歴史など、より詳しく理解することが必要です。汁粉とおしるこの違い・ぼたもちとおはぎの違いなどを知り、季節やイベントごとに和菓子を選ぶことができるようになります。

資格を取得すると和菓子が好きな人や、季節に合わせた和菓子を選びたい人のスキルアップになります。

資格取得の方法は、インターネットで試験を申し込みます。70%以上の得点数で資格取得となります。こちらも受験資格は決められていないため、独学でも試験を受けることができます。

3位 菓子製造技能士

菓子製造技能士は、「日本菓子教育センター」が主催するものです。この資格は国家資格です。「洋菓子製造」と「和菓子製造」の2種類がありますが、どちらも洋菓子・和菓子を製造するための深い知識が必要になります。菓子を製造する際に必要な、衛生面や食材・道具についても正しく理解しなければいけません。菓子製造技能士は1級・2級とあり、さらに上のレベルを目指すことができます。

資格を取得するとホテルやレストランを始め、洋菓子店や和菓子店で菓子を提案し製造することができます。デザインや仕上げについても学ぶため、自分の思うように菓子を製造することができます。

資格取得の方法は、一定年数の実務経験が必要になります。先に資格を取得してから働くのではなく、働きながら受験するのが一般的です。実務試験と筆記試験があり、製造するための知識や経験が重要になってきます。

4位 製菓衛生師

製菓衛生師は、厚生労働省が認める国家資格です。菓子製造をしている人の技術を向上させ、公衆衛生について詳しい知識や実践ができるようにと作られた資格です。製菓仕事の世界では技術を向上させる必要性もあるため、この資格を取得する人が増えているのです。

資格を取得すると、菓子店を営業する際にお客様からの信頼が増えたり、レストランなどの飲食店で役に立つことができます。現在ではアレルギー食材を使わないで作る菓子も注目されています。製菓衛生師を取得すると、さまざまなアイデアを提案することができます。独立や菓子店で仕事をしたい人には、必須な資格となってきます。

資格取得の方法は各都道府県によって違ってきますが、厚生労働省が認めた製菓衛生師養成施設で一定のカリキュラムを修了することが必要です。そのほかにも1年以上、菓子の知識や技術について習得した者・2年以上製菓製造業で働いた者と受験資格が決められています。
和菓子  和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です