和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

和菓子

SHARE

和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

和菓子を見るだけで、わびさびを感じ、日本の美しさを全面に感じる事ができます。

日本の文化の代表的な存在と言っても過言ではないでしょう。

そんな風情ある和菓子は全国各地にありますが、和菓子について、和菓子の歴史についてもっと深く知りたいと思いませんか?

一般の方も取得することができる資格ですので、和菓子が好きな人や、和菓子を広めていきたい人に是非、読んでいただきたいと思います。

それでは和菓子文化コーディネーター認定試験の口コミや評判、仕事内容についてご紹介したいと思います。

≪和菓子文化コーディネーター認定試験とは?≫

JLESA日本生活環境支援協会が認定試験を行っている資格の一つになります。

和菓子とその背景にある日本各地の文化と歴史に対する知識が求められる資格内容になっています。

和菓子に関する幅広い知識はもちろん、日本各地の郷土和菓子についての知識を証明する事ができ、春夏秋冬といった季節に合わせた和菓子や、ひな祭りや節句などの行事にあった和菓子の選び方など、日本人としての心を表現する素敵な資格となっています。

他にも郷土和菓子の文化や背景など、歴史に関する知識も必要となり、京和菓子と江戸菓子の違いなど和菓子に関する違いを明確に理解することも大切です。

≪和菓子文化コーディネーター認定試験の口コミ評判≫

実際に和菓子文化コーディネーター認定試験の口コミ評判を見てみましょう。

・和菓子の基本に関する知識を重点的に学べた

・和菓子の違いを説明する能力が身に付いた

・季節ごとに適した和菓子を選び出す事ができるようになった

・人に和菓子をおすすめする事ができるようになった

という点を高く評価している声が非常に多いようです。

和菓子に関わる仕事に就きやすいという点や、観光業界にとっても非常に有利な資格として評価されています。

様々な資格の中でも比較的難しい資格となっていますが、和菓子文化コーディネーターとはどんなものなのかポイントを押さえておくことで、テキストの勉強でもきちんと取得することができるようです。

≪和菓子文化コーディネーターの仕事≫

和菓子文化の正しい知識を教える講師として、自らカルチャースクールを開講したり、日本各地で行われている季節ごとのイベントに講師として参加したりと、人に教えるのが好きな方や、和菓子をもっと広めたいと考えている方にとって、楽しく仕事ができる場が多くあります。

自宅での和菓子教室では、自分の時間を確保しつつ働くことができるので、子育てをしながら、趣味として、交流の場として活躍することができるのも魅力の一つかもしれませんね。

こうした和菓子教室を企業が行っている場合は、和菓子文化コーディネーターとしての能力を求めて求人を出している事もありますので、目を通してみてはいかがでしょうか。

≪和菓子文化コーディネーター認定試験日程と費用≫

JLESA日本生活環境支援協会の認定試験は、毎年偶数月で行われています。(2・4・6・8・10・12月)

インターネットから申し込む事ができますので、受験したい月の前月中に申し込み手続きをするようにしましょう。

受験料は10,000円で、受験方法は在宅受験ですので、忙しい方も安心して受ける事ができます。

合格するには70%のラインが必要となりますので、テキストなどで「日本各地の歴史と和菓子との関連性」をしっかりと押さえておくとよいでしょう。

≪まとめ≫

和菓子の資格と言っても、職人のような難しい試験ではありませんので、趣味として和菓子を楽しみたい方や、知識として学びたい方に気軽に取得できる資格です。

和菓子の違いや歴史を学ぶことで、各地のお土産としても、おもてなしとしても、日本の文化を詳しく知っておくことでワンランクアップできるということも魅力の一つではないでしょうか。

ぜひ、和菓子を楽しみながらその文化や魅力を広めていただきたいと思います。
和菓子  和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です