医療機関の窓口として働く、医療事務資格のための通信講座

shikakusyutoku

SHARE

医療機関の窓口として働く、医療事務資格のための通信講座

医療事務とは

文字の通り、医療に関する事務を行う事を医療事務といい、病院の窓口業務からカルテの作成、レセプト(診療報酬明細書)の作成、会計などが主な仕事内容です。

医療スタッフというと医師や看護師を想像しがちですが、実は患者さんと一番はじめに顔を合わせるのは医療事務スタッフなので非常に重要な医療スタッフの一員といえます。臨機応変に病院内のご案内などを行い、医療スタッフと患者さんの間を繋ぐ役目を持っているのが医療事務です。

患者さんと直接接する仕事なので、コミュニケーション能力が高い事がまず大切になります。また、パソコンのスキルはもちろんですが、患者さんをお待たせしないよう仕事を正確に早くこなす事のできる能力、業務上知った情報を家族や他人に漏らす事のない責任感などが必要となります。

医療事務取得後の就職

door-349807_640

実際には資格を取得しただけではなく経験を積んで一人前になる仕事といえます。資格を取ったらすぐに仕事ができるという訳ではありませんが、専門性の高い作業が多いので、経験さえ積んでいればブランクがあまり不利に働かないという点は大きな魅力といえるでしょう。そのため資格を取ったらすぐに働きはじめて経験を積むのが良いとされています。また、日本中どこへ行っても同じなので場所の制約もありません。

受験資格・試験内容・合格基準

受験資格はないのでどなたでも受ける事ができます。また、年に6回と比較的チャンスが多く、会場受験と在宅試験があるのでご都合に合わせて選択可能です。

試験はマークシートと実技により行われます。合格率は3割程度とそれほど低くありませんが、合格基準が大体7割程度と高くなっているので、知識に抜けのないように勉強する必要があります。

医療事務資格取得を目指すための通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー

2位 ニチイ

3位 資格の大原

1位 ヒューマンアカデミー

初学者から半年程度で資格取得を目指す事ができます。試験を三回受験して不合格だった場合には受講料が返金される合格補償があるので初めてでも安心です。また、非常に高い就職実績を誇っているので、資格取得後に就職して経験を積む事で一生役に立つ資格とする事ができます。

2位 ニチイ

40年以上の歴史を持つ講座です。レセプト点検、点数算定といった医療事務の基本をきちんと学べる事と、通学クラスにも参加出来る制度があるのでメリハリのある学習が可能となっています。また、ニチイでも契約医療機関と連携した就職サポートが提供されています。

3位 資格の大原

繰り返し試聴できるDVDで講義を提供しているので、自宅でマイペースに学習したい方におすすめです。重要なポイントを網羅し、法改正にも対応しているので見落としなく勉強する事ができます。人材派遣会社への登録案内などもあるので、就職にもつなげやすい講座です。

まとめ

医療事務は、医療に関する仕事をしたい方には大変大きなチャンスとなる資格です。医師や看護師の場合は非常に長期間の勉強が必要になるので敷居が高いですが、医療事務はあとからでも目指す事のできる資格です。また、患者さんとの距離が非常に近い分野でお仕事をする事になるので、患者さんのためのサービスをしたいという方には特におすすめできます。

ただ、医療事務は持っていればすぐに使えるという資格ではありませんが、逆を言えば資格取得後に現場経験を積む事で周りとの差が付けやすい資格といえます。資格取得後はできるだけはやめに実務経験を積む事が大切です。医療に関する資格は日本全国どこへ行っても活用できるのも利点といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です