医療チームの一員として働く、看護助手になるための通信講座について

shikakusyutoku

SHARE

医療チームの一員として働く、看護助手になるための通信講座について

看護助手とは

看護助手の仕事

看護助手は、看護師の負担を軽減するためにサポートを行う業務を主としています。看護補助の業務は資格がなくてもできる仕事ですが、やはり基本の知識がある事が分かるという点で看護助手の資格があれば就職に有利になります。

高齢化社会を迎えた現在では、患者さんのサポートの内容に医療分野ではないものが多く含まれるようになっています。食事介助や入浴介助、リハビリの付き添いなど、介護に近いお手伝いまで医療現場で行うようになっているので、看護助手は医療チームにとって大切なメンバーとなっているのです。さらに、医療現場で働く経験を積む事でステップアップやキャリアアップを目指す人も多くいらっしゃいます。

看護師との違い

看護助手は看護師や準看護師とは違い、医療行為はできません。医療器具の洗浄や消毒、カルテ運搬などまでは仕事ができますが、注射や採決、点滴は医師の指導があっても行ってはいけません。

ただ、看護師のサポートとして働くので、ある程度薬の名称や保管場所、医療用語などの知識が必要なので、資格が役立つと考えられているのです。

看護助手の就職

nurse-920318_640

お仕事先は主に病院ですが、近年は就職先もやや多様化しています。クリニックなどの小規模な医療機関や、福祉施設でも看護助手を必要とする場合があります。看護師不足が深刻な現在では、看護を補助してくれる看護助手の需要も高まっており、未経験でも比較的就職しやすいと言われています。

医療機関によっては、看護助手から看護師へキャリアアップできるような体制が整えられています。将来看護師になりたいと考え、看護助手として経験を積みながら勉強をする方もいらっしゃいます。

受験資格・試験内容・合格基準

受験資格は特になく、認定されたスクールの講座を修了して認定を受けるか、認定試験を受験して取得します。試験は一年に3回行われています。試験を受ける場合、マークシートと記述問題で出題され大体6割程度正解する事で合格可能です。大体6~8割が合格率といわれています。

看護助手を目指すための通信講座ランキング

1位 ユーキャン

2位 ヒューマンアカデミー

3位 がくぶん

1位 ユーキャン

初学者向けに、専門用語をあまり使わないように作成されています。用語集や資料集など実務に役立つ資料や、DVDによる解説などが充実しているので、気軽に取り組みやすい講座といえます。講座を修了していれば、真性のみで資格証を取得する事が可能です。

2位 ヒューマンアカデミー

こちらもDVDでの学習と、講座修了後に真性のみで資格の認定を受ける事が出来ます。こまめな確認テストが設定されているので、スケジュールを立てて計画的に学習する事が出来ます。

3位 がくぶん

初心者から学習出来る点やDVDによる講義は同様です。看護実践のプロが作成したカリキュラムなので、未経験者でも無理なく取り組む事が出来ます。指導課題などの添削や、質問回答のシステムもあり安心です。

まとめ

普段あまり聞き慣れない看護助手のお仕事ですが、看護師や医師のサポートをするお仕事は医療現場で質の高い医療を提供するために欠かせないものです。また、これからの高齢化を受けてよりいっそう需要が高まる事が予測されます。患者さんのサポートが主な業務なので、人の役に立ちたいという方に特におすすめしたい資格です。

また、医師や看護師など大学で何年間学ばなくてはならず、受験資格もあるような資格とは異なり看護助手には受験資格がありません。医療や看護の現場で働きたいという希望をかなえるにあたっては比較的敷居が低い資格であるといえるでしょう。さらに、まずはここからチャレンジしてその後のキャリアアップを目指す事も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です