今や社会人の基本!パソコン入門について

shikakusyutoku

SHARE

今や社会人の基本!パソコン入門について

パソコン入門

パソコンは今やどのような場面においても使われています。家庭や職場など幅広く活躍しているパソコンですから、使いこなせて損はありません。しかしパソコンは機械ですので、苦手な人は必ずいるもの。そこで、パソコン入門についてご紹介します。

パソコン入門 難易度・就職・仕事の内容・年収など

パソコンの使い道は非常に幅広く、ちょっとした調べ物といった簡単なことから、ソフトウェアの開発といった応用的なことまで出来てしまいます。そのためパソコンを完璧に使いこなそうとすれば非常に時間はかかりますが、簡単に使うだけであれば、難易度はそれほど高くはありません。

パソコンはどのような仕事でも利用されます。事務系の仕事であれば資料作成などで使われますし、建築系であれば家の設計などで用いられます。また近年では、インターネットを利用して在宅で仕事をする人も増えています。

在宅で仕事をする場合の年収は、低ければ年収10万円から20万円ほどで高ければ500万円以上という場合もあり、非常に幅広いです。

パソコン入門 受験資格・試験内容・合格基準など

パソコン入門に関する資格にITパスポートがあります。ITパスポートには受験資格が設けられていないので、誰でも受験が可能です。

試験内容は、パソコンの仕組みなどの基本的な内容や、企業でパソコンを使用する際に注意すべき点などが問われます。

合格基準は、総点1000点中600点以上の得点で合格となります。

そして、ソフトの基本操作が問われる、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)もあります。MOSは受験資格が設けられていません。

試験はマイクロソフトオフィスのソフトごとに分かれており、Word、Excel、PowerPointなどの試験が行われます。WordとExcelに関しては、試験が一般と上級に分かれています。

Wordの一般の試験内容は、文字サイズやフォントの変更、表の作成、印刷などの基本的な知識が問われます。上級の試験内容は、スタイル機能や索引作成、他のソフトからのデータ取り込みなどの、応用的な知識が問われます。

Excelの一般の試験内容は、数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成などの基本的な知識が問われます。そして上級の試験内容は、データ分析や条件付き書式、マクロの作成・編集といった応用的な知識が問われます。

パソコン入門 ランキング

1位 がくぶん 在宅ワーカー養成講座

がくぶんの在宅ワーカー養成講座は、初心者から在宅ワーカーを目指すことができる講座です。在宅で働くことができる、クラウドソーシングでの働き方のノウハウなどをしっかりと身につけることができます。

まとめ

パソコンは非常に便利であり、どのような場所でも使われています。家庭ではちょっとした調べ物にインターネットを利用することもありますし、家計簿などをパソコンで管理している人もいるかもしれません。

また職場でも、資料作成やメールのやりとりなど、常にパソコンは使われています。

そして、近年ではインターネットを介して、在宅で仕事をすることもできます。様々な理由で企業に就職できないという場合でも、自分の生活スタイルに合わせて自由に働くことができます。

いずれの場合でもパソコンは使われています。これからさらにパソコンが発展していくものと思われます。ですので、パソコンの基本操作だけでもしっかりと身につけておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です