介護職員初任者研修 講座紹介

shikakusyutoku

SHARE

介護職員初任者研修 講座紹介

介護職員初任者研修とは、「ホームヘルパー2級」に取って代わる資格で、2013年に厚労省が取り決めた、介護の新しい資格です。介護のおしごとをはじめるなら、まずこの資格をという、介護の入門ともいうべき資格。要支援・要介護の認定が下り、支援を必要としている方。また様々な種類の障害を持っている方のお世話に当たることができるようになります。介護・福祉職業界で働くために、介護職員初任者研修は真っ先に取得しておきたい資格です。

■だれでも取得しやすい介護職員初任者研修■

images92RIJL3B

介護職員初任者研修試験は、さほど難しくはありません。合格率等は非公開となっているのですが、業界で「9割は合格」と言われています。よほどスクーリングや自宅学習で欠席等の問題がない限り、「受ければほぼ合格」言ってもよいでしょう。また、「初任者研修しか持ってない。介護福祉士1番就職率がいいのでは」といって就職に自信を無くしている方もいらっしゃいますが、関係なく就職率は上位になります。また、条件さえ満たしていれば、初任者研修取得後に介護福祉士試験に挑戦することも可能なのです。具体的な仕事内容は、介護・支援業務全般。主に利用者の生活面での身近なサポートが中心となっています。

■取得が難しくないのに就職に有効な「活きた資格」■

1本

「介護」というとある程度の経験や専門知識が必要なのではと受講前から思い悩む方も多いようですが、特にそのような背景は必要ありません。また高卒・短大卒で、介護・福祉と全く関係のない学校に行っていましたという方でも、初任者研修取得者は就職率がアップします。理系・文系といった得意分野の違いも、介護業界においては就職合否に反映されません。正社員であれば月給は15~20万円で、平均年収は300万円。パート・アルバイトであれば時給800~1000円で、つねにスキルアップでの昇給のチャンスがあります。


■介護職員初任者研修講座 人気ランキング■

介護1

1位 アイ・ヘルパースクール

授業や就職・学費に関するサポートが充実しており、無料の重複受講制度と実技補講制度が設けられており、終了後でも何年たっても受講が可能。また、授業の3分の1までは、振り替えが可能と、働きながらの取得に最良の環境が整っている。

2位・・・三幸福祉カレッジ

通学+通信制で、希望者のみ現場実習が行われる。4か月で取得が可能で、終了後は「修了生むけ求人サイトきゃりあねっと」にて就職をサポート。無料で介護相談も行っている。全国に教室があるので通いやすいこと。平日・土日・夜間・短期と、受講スケジュールの多彩さも人気の要因の1つ。

3位・・・ニチイ学館

ニチイで取得した場合、終了後、受講料が全額キャッシュバックされるというメリットがある。(ニチイに就職した場合のみ)もともとの受講料が上記サイトと比較して高めだが、全国に講座があり、通いやすいので選ぶ方も多い。もちろんニチイ以外の就職先へのフォローアップも行っている。


まとめ

介護職員初任者研修は、以前のヘルパー2級とは違い実習が任意となっているため、就業中の介護職員でも簡単に取得できるところが最大の魅力ではないでしょうか。またヘルパー2級よりも介護技術を習得するための時間数が増え、実践で不安にならないための講習が組まれています。介護業界で働くうえで重要な医療や地域との連携の在り方について。また認知症の理解についても同様であり、130時間の中で介護職に就くにあたっての詳細なノウハウを学ぶことができます。さらに、介護職員初任者研修取得後、介護職員実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士とステップアップが可能ですが、その経緯や学習内容が、以前のヘルパー2級、ヘルパー1級、介護福祉士といった流れであった時代よりも、より現実的で実践的であるという点から、初任者研終了するとともに、介護業界であなたが、多くのやりがいを発見できる可能性が広がっているとも言えます。今介護業界は給与面で処遇改善が施され、注目の職種です。ぜひ就職に役立ててはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です