介護の力強いパートナー、ケアマネージャー試験合格のための通信講座について

shikakusyutoku

SHARE

介護の力強いパートナー、ケアマネージャー試験合格のための通信講座について

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」です。試験を受けてすぐに資格が取れる訳ではないので、国家資格ではなく都道府県の認定資格となっています。

要支援・要介護認定を受けた方からの相談を受けて介護サービスの給付プランを作成し、他の介護サービス業者との連携を行う介護の中心人物です。

どんなプランを必要としているかというニーズのくみとりや、利用者の方が適切なサービスを受けられるように自治体などとの間を取り持つお仕事です。利用者の方一人一人と密接に関わる職業といえます。

ケアマネージャーの就職先

hands-216982_640

ケアマネージャーとして仕事をするためには、試験の合格後、実務研修が必要です。実務研修を終了して資格を取得した後は、自宅で生活する方を担当する「居宅ケアマネ」か、施設の入居者の方を担当する「施設ケアマネ」のいずれかとしてお仕事をします。

居宅ケアマネ

居宅ケアマネは、居宅介護支援事業所に所属し、病院から退院した後自宅で暮らすお年寄りを対象として介護サービスの紹介や、どんなサービスを受けるのかといった計画を立てます。介護認定審査の手続きや、各種スケジュール調整なども請け負う、介護のフルサポート役になります。

施設ケアマネ

一方、施設ケアマネは介護保健施設に所属します。施設の種類は様々ですが、施設で暮らす方々の介護認定の更新や手続きの代行など、施設のコンシェルジュのようなお仕事になります。

その他の就職先

近年では、小規模なグループホームやケアハウス、保険会社、福祉用具メーカーなどでもケアマネージャーの資格を持つ方を採用する場合があります。

受験資格・試験内容・合格基準

wheelchair-1230101_640

ケアマネージャー試験には受験資格があります。

1.法定資格(医師、歯科医師など)を持ち、実務5年以上

2.相談援助業務に従事し実務5年以上

3.介護等業務に従事し実務5年以上または10年以上

となっており、基本的には実務経験がないと受験する事ができません。

合格率は15~20%といわれ、受験者がみな実務経験者である事を考えると非常に難しい試験であるといえるでしょう。分野別の合格点も定められているため、苦手分野があっては合格できません。

ケアマネージャー試験合格のための通信講座ランキング

1位 三幸福祉カレッジ

2位 ニチイ

3位 ヒューマンアカデミー

1位 三幸福祉カレッジ

介護の分野に強いスクールです。65%という非常に高い合格実績を持ち、就職の支援まで一貫したサービスを提供しています。標準学習時間2ヶ月というのはかなり短期集中型といえます。

問題集を使う通信コースと、スマホを使ったWebコースの2タイプが提供されており、じっくり勉強したい場合と仕事の合間にすこしづつ勉強したい場合のそれぞれに対応しています。

2位 ニチイ

大手介護事業者による受験対策なので、受験した人の生の声を反映しやすい環境にあります。問題を多く解くスタイルなので、実際の試験に的を絞った対策ができる事も利点と言えます。

ややじっくりめの6ヶ月が標準学習時間として設定されています。

3位 ヒューマンアカデミー

三ヶ月で合格を目指すカリキュラムです。模試が5回分ついているので、本番さながらの練習を行う事ができます。幅広い通信講座を開講しているスクールなので、通信講座ならではの利点を大きく活かす事が出来ます。

まとめ

ケアマネージャーは実務経験がないと受験ができない資格なので、一朝一夕になれるものではありません。利用者の方に近いお仕事をする事になるので、何も実務経験が無い状態で資格だけ取った人がいるのでは困るという点は当然といえるでしょう。

しかし、きちんと介護の現場にいらっしゃる方にとっていえば、ケアマネージャー資格は最も利用者の方に近い場所にいる事のできる役職に就く為の資格であり、挑戦する価値が大いにあるといえます。また、幅広くやりがいのある仕事をするために、他の介護系の資格とのダブルライセンスを目指す方も多く、既に介護のお仕事に就いていて、今後さらに介護のスペシャリストを目指す方には強くおすすめできる資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です