事務には不可欠なMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)取得について

shikakusyutoku

SHARE

事務には不可欠なMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)取得について

マイクロソフトオフィススペシャリスト(以下MOS)は、マイクロソフトのソフトに関しての知識をどれだけ理解して使いこなしているかを認定する試験です。WordやExcelは身近ですが、さらに上位のマイクロソフトオフィスマスターを目指す場合はアウトルック、アクセス、パワーポイントまでを使いこなす事を求められます。

パソコンには強いです、といってもいまいちどの程度なのか分かりづらいので、客観的に判断するためにこのような資格が設けられています。

難易度・就職・仕事の内容

office-581131_640

MOSであれば、普段からパソコンを使っている方であれば、合格はそれほど難しくないといわれています。Wordであればハイパーリンク、段落の設定など程度、Excelであればデータ抽出や条件付き論理の適用程度までが求められ、マクロの操作までは必要ない程度です。

仕事に活かす場合、どのソフトが使えるかによって内容が異なります。例えば、文書ならWord、プレゼンテーション資料ならPowerPointが必要です。

この資格をもっているだけで就職にはっきり有利であるとはいえませんが、最低限のパソコンスキルがある事を明らかに伝えられる事や、パソコン教室などの開業を視野に入れる場合などに使う事ができます。または、ここからもっと踏み込んでVBA、マクロなどの学習をする事で事務方の業務改善に活かす事ができます。既にお仕事をされている場合は、業務の効率化に役立ちます。

受験資格・試験内容

notebook-405755_640

MOSには受験資格はありませんが、小学生以下の場合のみ保護者の同意が必要です。科目は一つのソフトにつき一科目となっているので、一科目毎に資格が認定されます。

より総合的にパソコンスキルを示す事のできるマイクロソフトマスターになるためには、Word、Excel、PowerPointの必須三科目に加えてAccessかOutlookから選択一科目の受験が必要です。

MOS認定のための通信講座ランキング

1位 ヒューマンアカデミー

2位 資格の大原

3位 TAC

1位 ヒューマンアカデミー

最短7日で学習出来るプログラムが組まれているのが特徴といえます。どうしても急ぎで取りたい方におすすめです。合格補償が付いている点や、就職支援までをバックアップしてくれる点など、仕事に向けてこの資格を取りたいという要望にもきっちり答えてくれます。電話やメール、FAXでの質問が可能なので、初心者からスタート可能です。

2位 資格の大原

老舗のスクールでもMOS試験対策が行われています。各科目に応じた対策コースと、Word、Excelの2科目がセットになったコースがあり、自分のペースに合わせて学習可能です。各科目20時間と非常に短い時間で合格レベルまで学習できます。

3位 TAC

上記と同様に、各科目のコースとお得なパックコースが用意されています。TACのメリットとして、もう少し踏み込んだExcelVBAの通信講座が準備されている事と、通学であればAccessの講座がある事があります。今後どんどんOffice系ソフトを極めたい方におすすめです。

まとめ

パソコンスキルは客観的な判断がしづらいため、客観的な指標がないと就職する方も採用する方も後々不幸になる事があり得ます。MOSだけを武器にして就職活動をする事は難しいといえますが、認定を受けておく事である程度のパソコンスキルを印象づける事ができます。また、マイクロソフトのソフトは独学でもある程度使えるようにできていますが、独学だけで使っていると、ある所はすごく難しい操作までできるようになっているのに、他の方にとっては初歩の初歩ともいえるようなひょんな所がぽっかり抜けてしまうといった事が良くあります。基本的な事をざっと一度押さえておく事で、初歩的な部分でつまづくことが無くなるので、安心してお仕事に取り組む事ができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です